ハヤカワ文庫<br> 終わりなき索敵〈上〉航空宇宙軍史

  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
終わりなき索敵〈上〉航空宇宙軍史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 339p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305697
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

2020年代、地球からの自由を求めて勃発した第一次惑星動乱を、航空宇宙軍は圧倒的な力で鎮圧した。それから11年後、射手座方向から太陽系にむかって急接近してくる物体があった。射手座重力波源と呼ばれるこの飛行物を観測するため、航空宇宙軍は人類初の外宇宙観測艦ユリシーズを探査に向かわせるが…乗員たちが見たのは、汎銀河連合により滅亡の道をたどる人類の姿だった。航空宇宙軍史最大のクライマックスが始まる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

記憶喪失した男

9
素晴らしい傑作だ。宇宙艦隊戦の描写は、これほど優れたものは読んだことがない。2016/10/17

ジロリン

9
再読。デビュー作「惑星CB-8越冬隊」で提示された、汎銀河人と地球人との対立の歴史が、この上・下巻でようやく明らかになっていく。が、上巻終盤の「火の鳥・未来編」みたいな展開は、今までハードSFと思って"航空宇宙軍史"シリーズを読んできた読者はちょっと戸惑う。私は、その辺は"まぁ、そういうのもアリかな"と、大きな心で受け止めてますw2016/04/10

ムー

3
中々入ってゆけなかった。しかし巻末に近づくにつれなんとなく面白さが出てきたかな?SFをもっと楽しまなきゃと思ってはいるのですが。。。2017/03/13

赤速

2
ハードSFの傑作、航空宇宙軍史シリーズの完結編。私はこのシリーズを本作から読み、その圧倒的な世界観に魅了され、すぐさまシリーズ全てを読み漁った。思えば、最初に完結編から読んだのが正解だった。シリーズの刊行順に読むと時系列がばらばらで、短編集が多いこともあり、熱心なSFファンでなければ全部を読み通すことは難しい。シリーズの全ての時間軸を内包した本作を最初に読むことで、歴史年表を把握したうえで、個々のエピソードを拾っていくような読書感が得られる。本作を楽しめれば、シリーズ全作が楽しめるはずで、試金石にもなる。2011/07/02

びぎR

1
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47314851.html2013/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10061

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。