ハヤカワ文庫<br> 星界の紋章〈3〉異郷への帰還

個数:
電子版価格 ¥484
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
星界の紋章〈3〉異郷への帰還

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 15時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 270p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305550
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「人類統合体」の攻撃をようやく逃れたラフィールとジントだったが、不時着した惑星クラスビュールは、すでに敵艦隊に占領されていた。帝国に戻る手段を失った二人は、味方の艦隊が戻るまで、この地に潜伏しなければならなくなった。だが、宇宙空間では無敵だったアーヴの王女も、地上では、世間知らずの少女にすぎない。立場が逆転したジントは、王女を守って行動を開始した。―新時代のスペースオペラ、堂々の完結篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

70
ついにあの方が登場! 公爵の中の公爵にして、アーブ帝国軍の準提督(すぐに提督に昇進しますが)レトパーニュ大公爵(ニーフ・レトパン)のスポール準提督(ロイ・フローデ)ぺネージュさんが!! 何事にも生真面目な主人公のラフィールとは正反対であり、アブリアルをからかうたことが生きがいという人。2人があまりにも対照しすぎて、ぺネージュのキャラが立ちすぎている。主人公のラフィールの影が薄くなるくらいに。いやぁ~強烈でした。クファデス先任参謀(アルム・カーサリア)、お気の毒さま……2015/11/08

佐島楓

43
助け、助けられながら冒険を繰り広げてきたジントとラフィール。その旅にいったんの終止符が打たれる。世界観、人物描写ともに練られたものであった。アニメ化されたのも納得。楽しかった。2016/04/09

シタン

20
サイロス・ロスロータジュ!良き旅だった。やってくれたな、葬儀屋。影を潜めていた久々のルビの乱舞に喜びを隠せない。ルビが多い文章は落ち着く(僕だけか)。続きもあるようだが、この凝りまくった設定の物語をうまくまとめたなぁという感じ。最後の方のストーリーがとても好み。付録としてアーヴ語の成立の概略が載っていて面白すぎる。これは研究のしがいがありそうだ。2020/09/23

こも 零細企業営業

20
老化しないように遺伝子組み換えされた奴が、日々の差別への鬱憤晴らしのためにアーヴの生贄を求める。 それにノラリクラリと消極的に応じる占領地の警察官達はなかなかに大人だ。 そして、3年後。ジントは20歳になって突撃艦に搭乗する艦長はラフィール。持ってるな!w スポール提督の参謀もw2019/11/21

クナコ

19
再読3回目。本人たちにとっては命懸け、宇宙情勢としては小さな戦いを掻い潜り、少年少女は宇宙へ帰還する。人類史上最大の星間戦争の発端に関わったジントとラフィールは、次タイトルではいよいよ本物の星間戦争に参加する。本巻までは、ジントが自分の意思で己の帰属するところを決める物語だった。故郷に恨まれ、育った場所は乖離し、行く先は生物としての機能さえ違う者たちの多く群れる異郷。そこでジントは何を拠り所として生きるのか。星界の紋章すなわち帝国へ、ようやく辿り着いたジントの決意の独白はロマンティックでいて頼もしい。2019/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/503348

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。