ハヤカワ文庫<br> 猶予(いざよい)の月〈上〉

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
猶予(いざよい)の月〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 01時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 459p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305536
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

第三眼を額に持つカミス人。かれらは人工衛星カミスに住み、事象制御装置により、惑星リンボス上で社会を営むリンボス生物を制御している。カミス中央機構の理論士イシスは、詩人である弟のアシリスに恋していた。けれども、カミスでは姉弟の恋は禁じられている。イシスは事象制御装置を使って、自分たちの恋を正当化できる世界のシミュレーションを開始したが…日本SFの先端を疾駆しつづける神林長平の意欲的大作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かとめくん

13
特殊な「第三眼」を持つカミス人の姉弟イシスとアシリスは、その世界では許されない恋愛関係にあった。その恋を成就させるために世界の改変を行おうとするが、まったく別の世界改変を行おうとする天才バールの登場で物語はとんでもない方向に進んでいく。ほぼ地球の惑星リンボスで「事象」をコントロールしながらせめぎ合う。時間の存在しなくなった世界は擬動で動き、舞台も登場人物も設定もめまぐるしく変わる。なんて難解で厄介で面白いんだろう。初出が1996年だって。すごいな。2021/10/21

はら

4
リンボス人である自分には理論を理解するのに時間がかかったけれど、「まばゆい空へ落ちていく」のパートは理論より感情が勝っていたようで胸が熱くなった。時間のない世界で、このシュミレーションはどこまでいってしまうのか。まさに、想像力を侮るな、だ。2017/09/30

半殻肝

4
姉ちゃんとイチャコラしたいばかりに世界を改変しようとしてみたけど、オッサンの邪魔が入るわ色々抵抗されるわで踏んだり蹴ったりという話…なんだけれども、そこに「実現事象」「可能事象」「時間」という3つのベクトルが絡んでややこしいことになっている。「時間が止まっていて、あらゆる事象が同時に発生している世界」で、互いの世界を改変し合うというパワーゲームが繰り広げられていく様は圧巻。2011/08/01

さとさとし

3
この本で、神林長平2020/06時点刊行本を全部、読んだことになる。最後の一冊にふさわしく、言葉・理論が世界を作る系の長編。人工惑星カミスに暮らす詩人アイシス、彼と姉であり理論士イシスは愛し合っていたが、それが認められる世界ではなかった。理論士の能力を使い、二人が愛し合うことのできる世界を構築する。その世界は地球によく似た世界。しかし、その事象を稀代の悪人バールに乗っ取られ、時間が停止し、可能性のみが動く世界へと引きずり込まれてしまう。空間と時間と可能性の3次元の世界での闘いが始まる。 2020/07/09

しまっち。

3
禁断の愛の物語として始まる。きっかけはイシスとアシリスが人目はばからず愛し合える世界へGO、だったけれど、事象やら時間やら擬動だの、頭で考えてもよく理解できないがなんとなく感覚的にわかるようなリンボス=地球が舞台となってストーリーは進んでいく。イシスの愛は揺らいでいき、バールとの諍いは世界を巻き込む。事象は理解しきれていないが、先へ先へと突き進むしかない展開となって意外に読めてしまう。さっそく下巻へ。2014/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/543138

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。