ハヤカワ文庫<br> 帝王の殻

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
帝王の殻

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月18日 02時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 439p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305246
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

火星ではひとりが一個、銀色のボール状のパーソナル人工脳PABを持っている。PABは、子供が誕生したその日から経験データを蓄積し、巨大企業・秋沙能研所有の都市部を覆うアイサネットを通じて制御され、人工副脳となるのだ。そして、事実上火星を支配する秋沙能研の当主である秋沙享臣は「帝王」と呼ばれていた…。人間を凌駕する機械知性の存在を問う『あなたの魂に安らぎあれ』にはじまる火星三部作の第二作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

54
3部作の2作目。本書のSFとしての最大のアイディアは、PAB(パーソナル人工脳)にある。その設定を通して、自分とは何か、そして魂とはいったい何なのかが、ここで問われている。物語は親子3代の確執を孕みながら展開し、その限りでは情念的な要素もあるのだが、全体としてはきわめて論理的、知的なSF作品である。ここで語られる問題性は根源的、かつ今日的ではあるが、物語としての妙味や抒情においては、あるいは前作『あなたの魂…』に及ばないかも知れない。そして、これらのすべてを併せ持つものこそが、次作『膚の下』なのである。2013/03/05

里愛乍

41
殻とは人間の身体なのかPABなのか。自分の意識や意思を魂と呼ぶならば、その自己表現のための身体か、種族保存のための自己なのか。思えばこうしてネットに自分の意思をかきこむこともつぶやきも確かに自分の言葉、魂の一部ともいえなくもなくPABみたいなものかもしれません。本人いなくなってもネットにそのかきこんだ意思は残るしね。私にSFと哲学は紙一重だと教えてくれた神林さんの、いかにもな内容のお話だったと思います。2015/08/13

ひびつき

39
火星三部作だけど、これだけで一つの物語として完結している。極端に進んだテクノロジーと意識のネットワーク。心をそのまま外部記憶にしたみたいな銀のボールの存在の違和感がどんどん膨らんでいく。もう一人の自分。親と子というもう一人の自分。思惑通りにならないことが、他者と自己を隔ててる。帝王はいずこに。機械人の活躍がかっこいいです。2014/10/05

Our Homeisland

27
この作者の「膚の下」が日本のSF史上の最高傑作と言われるのを知って、「火星三部作」を順番どおりに読もうと思い、「あなたの魂に、、」に続いて、これも読みました。前作同様に緻密によく描かれている傑作だなと思いました。前作とのつながり具合がうかがえる箇所は、非常に少なかったですが、薄くつながっているという連作具合も良いなと感じました。本格的なSFはそれほど多くは読んできていませんが、国内外の傑作はこれからも読んでいきたいと思います。次の、「膚の下」楽しみです。アミシャダイが良かったです。2016/05/03

そふぃあ

23
『七胴落とし』の時のような荒々しさを感じた。火星3部作の第2弾。最近は将棋のポナンザやシンギュラリティなどのAIに関する話題をよく耳にするし、私もSF好きなので機械知性について考えることが多いのだけど、本作は25年以上前の作品なのに色褪せていなくて驚く。PABと呼ばれる自分の分身との会話によってアイデンティティを保つ行為は、言葉によって魂を同定することであり、神林さんらしいテーマだと思う。加えて印象深かったのは、肉体のないPABには魂は宿らないという主張で、思うところが沢山あるのだけど文字数不足。。2017/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/543137

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。