ハヤカワ文庫<br> アムネリアの罠―グイン・サーガ〈40〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
アムネリアの罠―グイン・サーガ〈40〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784150303815
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

サイロンは一年でいちばん美しい季節、北国の短い夏をむかえていた。隣国ユラニアとの戦乱もおさまり、ケイロニアの人々は平和を満喫していた。黒竜将軍グインにとっても、それはひさかたぶりの平穏な日々だった。だが、ひとりの舞踊教師が宮廷を訪れたとき、ケイロニアを震撼させる大事件が巻き起こるのだった!たぐいまれなる美貌を持つこの男の正体とは?―ケイロニアに舞台を移し豹頭の戦士グインの活躍を描く。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nonたん

37
うわぁ…出てきた文さん!ぢゃなかった…ドールの子ゆりうす!!エウリュピデスなんて偽名使いおって〜読みにくいったらありゃしない…。あ〜大変だ〜大変だったら大変だ!アキレウス皇帝も泣いちゃうよ〜。てっきりアムちゃん出てくるものと…(^_^;)我儘姫の巻でした。2011/01/19

いおむ

25
グインの冒頭ハゾスとの会話に心和み、シルヴィアとは微笑ましい初心なやりとりに和み、ト-ルやゼノンの忠誠の快さに和み、独りサウル帝の為に祈る姿に感動した前半からの~後半の展開は予測は出来たもののエグすぎ^_^;気になる、さて次巻へ!2018/09/17

きーみん

22
前巻のコメントで「腐」について話してたせいか、最初のハゾスとグインの会話が含みがあるように思えてならない・・腐腐腐(毒されてる〜・笑)。うわさのユリウス本格的に登場!「異様なまでにあざやかにくっきりとはえて、そこだけ違う生き物ででもあるかのようになまめいたいのちを漂わせ」た唇って、どんなだろう?すばらしい表現力!!あとがきから「ちゃらっぽこの奇跡」に爆笑!そうかぁ、ここまでで「七人の魔道師」から13年かかっていたんだぁ。4ヶ月足らずで読ませて頂いて申し訳なくも幸せだな〜♪2010/11/14

瀧ながれ

17
シルヴィアこのバカ!(机ばんばん)いつまでもそこらの小娘みたいなことを!(ばんばんばんばん)立場ってもんがあるでしょうアナタは!!(ばんばんばんばん) 舞台はケイロニアに移り、グインがパロへと旅立つ日が近づいていた。穏やかだが忙しい日々のなか、王女シルヴィアに、美貌のダンス教師が接近。周りの目が離れた夜に、シルヴィアは拉致されてしまう。2015/01/15

ごんすけ

17
待望のグイン登場!タイトルを見たときはモンゴールかと思いきや、内容はケイロニア皇女誘拐事件の経緯。ケイロニアの風土は読んでいても爽やかで気持ちがいい。これが尚武の国の気風なのか。ハゾスやトールとのシーンでは、絶対的英雄のグインも、色恋沙汰には初な様で可愛らしい一面も。それにしても、グインはどうしてあんな皇女が好きなのか、読めば読ほど疑問たっぷり。そして、やっぱりグインは加藤画伯のイメージが良いなぁ。2014/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572333

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。