ハヤカワ文庫<br> ドゥームズデイ・ブック〈上〉

個数:
電子版価格
¥1,210
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
ドゥームズデイ・ブック〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月27日 05時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 539p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150114374
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

歴史研究者の長年の夢がついに実現した。過去への時間旅行が可能となり、研究者は専門とする時代を直接観察することができるようになったのだ。オックスフォード大学史学部の女子学生キヴリンは、実習の一環として前人未踏の14世紀に送られた。だが、彼女は中世に到着すると同時に病に倒れてしまった…はたして彼女は未来に無事に帰還できるのか?ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞を受賞した、タイムトラベルSF。

著者等紹介

ウィリス,コニー[ウィリス,コニー][Willis,Connie]
1945年、コロラド州デンヴァーで生まれる。北コロラド大学を卒業後、教師をつとめるかたわら小説を発表しはじめた。短篇集『わが愛しき娘たちよ』収録の「見張り」でヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞を、「クリアリー家からの手紙」でヒューゴー賞を受賞した。1988年に発表した初の単独長篇『リンカーンの夢』ではジョン・W・キャンベル記念賞を受賞。さらには、1992年に発表した『ドゥームズデイ・ブック』で、ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞を受賞した。姉妹長篇To Say Nothing of the Dogでは、1999年度のヒューゴー賞・ローカス賞を受賞している。また、2002年度のローカス賞受賞作『航路』も大きな話題を呼んだ

大森望[オオモリノゾミ]
1961年生、1983年京都大学文学部文学科卒、英米文学研究家・翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はたっぴ

89
上下巻共にかなりのボリュームのため長らく積読していたが、文章はとても読みやすく物語の真相にすんなり入り込めた。著者の作品は初めてだが、タイムトラベルあり、パンデミックありで、こんな複雑な事態をどう収拾するのだろうかと興味津々。主人公の一人、史学生キヴリンの姿を追っているうちに、学生時代に夢中になった『王家の紋章』を思い出してしまった。事態が深刻で恋などしている暇はなさそうだが果たしてどうなることか?急ぎ下巻へ2018/03/07

翔亀

45
【コロナ11-1】上下あわせて1,000頁を超す大作を寝食忘れて読みふけってしまった。遅読の私には珍しいことだ。それも、本書の内容は深刻でそう楽しいものでもないし、週明けの仕事もこのご時世のコロナ関連で難問山積みで気が気でないし(途中何度か連絡が入るし)、今は誰でもそうだろうが感染に(少しは)おびえている。にもかかわらず、いや、それだからこそなのだろう、読むのを一時も止めるわけにはいかなかった。他人事ではないからだ。■1992年のSF界を席巻した作品だ。私も翻訳(単行本1995年)をすぐ読み始めた。↓2020/05/10

Small World

43
ついに、コニー・ウィリスのこのシリーズに手をつけてしまいました。w どの作品もボリューミーな故に、面白いとわかっていても勇気が伴いますよね。上巻では、タイムトラベルよりもパンデミックを中心にした物語ですが、いろいろあって真相に近づけないもどかしさを主人公とともに感じながら下巻に進みます。2018/08/05

chiseiok

32
コニー・ウィリス作品初めて読む人は、この天下一品のじれったさに結構まいっちゃうのでは(^^;。いや、文章自体が読みづらいワケでは無いし、他の作品読んでいれば、充分報われる(多分w)と想像つくんですけど、初読の方は結構挫折するのでは、と要らぬ心配をする進まなさ加減。と、思いきや最後の最後ではがっつり下巻へ引っ張るし、コニー女史やってくれます。果たしてこの我慢の代償はどんだけ凄いのか、怒涛の展開を期待しつつ下巻突入です。上巻は大丈夫だったけど、下巻は電車中で読んでも平気かなー。いや涙腺への影響的なイミで…w。2015/08/17

昼夜

30
歴史研究のためにタイムトラベルするのは何回かドラマとかで見たことがありますが、その時代にあった準備と格好とかがいちいち細かくてリアルっぽいなぁと思いました。かなり気になるところで終わったので下巻を早く読みたいです。2014/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531001
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。