NHKテキスト NHK100分de名著 2022年1月<br> 金子みすゞ詩集

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

NHKテキスト NHK100分de名著 2022年1月
金子みすゞ詩集

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2022年05月24日 00時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784142231355
  • NDC分類 028
  • Cコード C9492

出版社内容情報

心にこだまする言葉

金子みすゞは明治時代に生まれ、大正中期から昭和初期に活躍した詩人。
主に童謡詩を書いたことから、みすゞ本人も童女のようなイメージを持たれがちだが、
豊かな空想や子ども心のほかに、漁村や都会の心象風景、人間の孤独、世界の成り立ちなど、
幅広いテーマで500篇以上の詩を書いた意欲的な文学者であり、日本を代表する女性詩人の一人。

テキストでは、大正デモクラシーに誕生した「童謡詩」が、昭和の戦争の時代に衰退していく時代背景、
みすゞの26年の生涯を紹介しながら、傑作詩28作品を読解する。
みすゞ全集刊行の前後を伝える実弟の日記も初公開。

(目次)
はじめに 聖女から詩人へ
第1回 詩心の原風景~童謡詩の誕生
第2回 視点の逆転、想像の飛躍~投稿詩人の誕生
第3回 「孤独」と「死」を見つめて~童謡詩の衰退
第4回 ことばで響き合う未来へ~童謡とみすゞの復活

写真・図版60点、関連年表、みすゞの投稿作品の順位表、本文中の76項目を解説する脚注など充実の資料付。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

112
昭和5年26歳で自死するまで7年間で512作の詩を書き、生前に一冊の詩集も出すことが叶わなかった。死後50年経ち、時代が求める詩になった。2011年東日本大震災の後TVCMで「こだまでしょうか」という詩が流れた。「私と小鳥と鈴と」と「不思議」は、国語の教科書に載った。でも、デビュー作の「お魚」が一番印象的。「海の魚はかわいそう。お米は人につくられる、牛は牧場で飼われてる、鯉もお池で麩を貰う。けれども海のお魚はなんにも世話にならないしいたずら一つしないのにこうして私に食べられる。ほんとに魚はかわいそう。」2022/01/31

れみ

63
NHK-Eテレ「100分de名著」テキスト。放送が始まる前に全部読んだ。普段あまり詩は読まないけど、金子みすゞさんの詩は柔らかな言葉を使いながらもハッと胸を突かれるような視点を持っているところに心惹かれてきた。パンデミック、震災、戦争による社会不安、満たされない寂しさや孤独のなかにある開放感…、今の時代にも通じるものを感じざるを得なくて、名著のテキストを読んで泣きそうになったのは初めてかもしれない。みすゞさんはあのタイミングでの自死がなくても、その後の時代を生きるのは辛かっただろうなあ…。2022/01/05

ころこ

47
金子みすゞの詩が発見されたのは、死後50年以上経ってからです。忘れられていたみすゞの詩が残っていたのは、戦前に出版された投稿雑誌にしきりに投稿していたためでした。著者はインタラクティブなメディアとしての投稿雑誌の文化的背景から文脈をつくっています。書店という当時の最新の情報が流通する家業、生家から比べれば都会の下関、そのまた都会の東京と、思いのほか現在とそこまで変わらない大正期の情報環境を描きます。同人誌によって投稿者仲間とのつながりがあったことも指摘しています。投稿雑誌のメディア論は柳田国男を論じた大塚2022/01/10

すたんど(Showji)

23
【1回目】「100分de名著」を見るようになってしばらくになるが、年明けの第一作としてふさわしいのかと訝しく思っていたが、読み進めたり、録画を見ているうちに、それはただの懸念でさえもなかったことがわかってきた。松本さんの筆致や、番組でのコメントがすばらしい。人ひとりが生きているということが、かくもすばらしいものであるのかということを、思い知らされたようであった。2022/01/27

こうやん

16
なんて優しい余韻の詩だろうか、詩を詠む醍醐味を知る事が出来た一冊2022/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18994871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。