NHKブックス<br> 安全保障を問いなおす―「九条‐安保体制」を越えて

個数:
電子版価格 ¥1,285
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
安全保障を問いなおす―「九条‐安保体制」を越えて

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月09日 13時30分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912393
  • NDC分類 319.8

内容説明

日本の安全保障をめぐる議論がふたたび盛んになりつつある。だが右派と左派の論争はいつも噛み合わないし、実は中身もない。なぜか?本書は、真の戦略をめぐる議論の実現を阻んできたのは「九条と日米安保の組合せ」だったとみる視点から戦後史をたどり、可能性のあった唯一の例として九〇年代の日本の経験に着目する。そこではリベラルな対外関係と憲法観の変化が生じていた―。安全保障論議の不毛、左右の反目、過度の対米依存を脱するため、九〇年代を参照し、戦争への反省に立った改憲を視野に入れつつ、近隣国との協力について明快で具体的な将来像を示す提言の書。

目次

序章 日本の安全保障―何が問題か
第1章 冷戦期の国際環境と日本外交―「九条‐安保体制」の形成と定着
第2章 国際主義の覚醒―一九九〇年代の日本外交
第3章 冷戦後の日米同盟―漂流からグローバル化へ
第4章 国際主義から自国主義へ
第5章 「九条‐安保体制」を越えて
終章 一国では生きられない

著者紹介

添谷芳秀[ソエヤヨシヒデ]
1955年生まれ。慶應義塾大学法学部教授。上智大学外国語学部卒。同大学国際学修士、ミシガン大学Ph.D.(国際政治学)。防衛施設中央審議会委員(2000‐09年)、外務省政策評価アドバイザリーグループ・メンバー(2003‐13年)ほか。専門は国際政治学、東アジアの国際関係、日本外交(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

昨年の安保法制論議では、賛成側と反対側の論理がまったく噛み合わなかった。原因は平和憲法と軍事同盟の並立という矛盾にある。理念と現実を踏まえ、日本の針路を提示する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件