NHKブックス<br> 医学の近代史―苦闘の道のりをたどる

個数:
電子版価格 ¥1,285
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
医学の近代史―苦闘の道のりをたどる

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912348
  • NDC分類 490.2

内容説明

人間が人体の内部についての正確な知識を得たのは、一六世紀に西欧で死体解剖が盛んになってからだった。科学的で実証を重んじる現代医学の流れはここに始まる。だがそれ以後も、名医が間違った療法に固執して患者が犠牲になる、麻酔や消毒の先駆者が不遇のうちに精神を病み、あるいは自死する、ノーベル賞の授与対象を誤るなど、医学の歩みは波瀾に富んでいた。ルネッサンスの医師の挑戦的な試みから現代医療の最前線までを、基礎医学、内科学、外科学、精神医学など諸分野を網羅しながら、日本医学界の第一人者がエピソード豊かに描き出す。

目次

近代医学の基礎の確立
臨床医学の発展―一八世紀から一九世紀
基礎医学の興隆―一九世紀後半
外科の大発展―一九世紀から二〇世紀
移植される臓器とつくられる臓器
二大死因克服への挑戦
生体を調節する仕組みの解明―二〇世紀の医学の発展
感染症との闘いと免疫学の進歩
神経疾患と精神疾患
日本の医学の発展
医学・医療の進歩と現代の課題

著者紹介

森岡恭彦[モリオカヤスヒコ]
1930年、東京生まれ。東京大学名誉教授、自治医科大学名誉教授、日本赤十字社医療センター名誉院長。55年、東京大学医学部卒業、56年、同学部第一外科教室入局、60年、同大大学院修了。72年、自治医科大学教授、81年、東京大学医学部教授。以後、東京大学医学部附属病院長、宮内庁御用掛、関東労災病院長、日本赤十字社医療センター院長、日本医師会副会長を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ルネッサンス以降積み重ねられた医師達の厖大な試行錯誤。ヒルに血を吸わせる療法、麻酔発明者達の自死や狂死、精神に異常をきたして犠牲者を出し続けた外科医…。知られざるエピソード満載の新鮮な医学史。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件