NHKブックス<br> 土壌汚染―フクシマの放射性物質のゆくえ

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
土壌汚染―フクシマの放射性物質のゆくえ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 05時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912089
  • NDC分類 539.6

内容説明

原発事故から出た放射能はいま、どうなっているのか。農作物は本当に危ないのか。不安の連鎖を断ち切るために、土壌と農作物における放射能の動きが調べられてきた。汚染はどのように進んでいるのか?除染はどのように行うべきか?そして、放射性物質は食べ物を通して循環しているのか?事故直後から現在までの農産物調査と実験の結果を冷静に分析して放射性セシウムが土壌に固着していることを明らかにする。実態の正確な記述から、放射能汚染の本質を考える一冊。

目次

第1章 土壌と放射能汚染(土壌とは何か;放射能とは何か ほか)
第2章 汚染の実態(農作物の汚染の仕組み;コメの汚染 ほか)
第3章 放射性物質は循環するか(森林での放射性セシウムの動き;生物系の循環 ほか)
第4章 これからの除染はどうあるべきか(除染の具体的な手段;食品の安全)

著者紹介

中西友子[ナカニシトモコ]
1978年、東京大学大学院理学系研究科化学専門課程博士課程修了。理学博士。専門は放射線植物生理学。日本ゼオン(株)技術開発研究センター在籍時にカリフォルニア大学ローレンス・バークレイ研究所に留学。01年から東京大学教授。2000年、「植物における水および微量元素の挙動」で第20回猿橋賞受賞。2010年、「放射線ならびにアイソトープを駆使した植物生理学の研究」で日本放射化学会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件