NHKブックス<br> 権力移行―何が政治を安定させるのか

個数:
電子版価格 ¥822
  • 電書あり

NHKブックス
権力移行―何が政治を安定させるのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年04月25日 19時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912058
  • NDC分類 312.1

内容説明

政権交代を進化させよ。自民党が積み上げた政権運営の知恵とは何か。「改革」を掲げて求心力を維持する手法に、もはや有効性はない。官邸機能強化と省庁再編を分析して現代日本政治の難点を剔抉し、政権交代を重ねながら政治が前進してゆくための方途を呈示する。

目次

第1章 自由民主党「長期政権」の確立
第2章 政治改革と「改革の時代」
第3章 小泉内閣はいかに「官邸主導」を作り上げたか
第4章 官僚制の変容
第5章 公務員制度改革はなぜ停滞するのか
第6章 進化する政権交代

著者紹介

牧原出[マキハライズル]
1967年、愛知県生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス客員研究員、東北大学大学院法学研究科教授を経て、東京大学先端科学技術研究センター教授。博士(学術)。専門は、史料の分析とオーラル・ヒストリーに基づいた政治学・行政学研究。著書に、『内閣政治と「大蔵省支配」』(中公叢書、サントリー学芸賞)、など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件