NHKブックス<br> 日本銀行論―金融政策の本質とは何か

個数:
電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
日本銀行論―金融政策の本質とは何か

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 10時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912041
  • NDC分類 338.41

内容説明

中央銀行の本来の使命とは何か?1929年恐慌から平成のバブル崩壊、リーマンショックまでの流れをたどり、金融政策の本質がインフレやバブルを未然に防ぐこと、すなわち物価の安定であることを説く。政府の主張への迎合が原則からの逸脱であることを明らかにしたうえで、インフレ目標政策の是非を論じる。安倍内閣と日銀が進める経済政策の本質を、歴史をふまえ明確かつ緻密に提示する力作。

目次

第1章 デフレは日銀の責任なのか(「三本の矢」の機能;デフレとインフレとはそもそも何か ほか)
第2章 現在にいたる日本経済と日銀の歩み(悲願だった政治からの独立性確保;「包括緩和」に踏み込んだ日銀 ほか)
第3章 なぜ中央銀行の独立性が重要か(金本位制から管理通貨制への移行;インフレ・ファイターとしてのドイツ連銀 ほか)
第4章 表舞台に登場した欧米の中央銀行(景気高揚と雇用確保で前面に出る米中銀;欧州債務危機対応でフル出動のECB)
第5章 これからの経済と金融政策のあり方(アベノミクスのゆくえ;日本経済のあり方 ほか)

著者紹介

相沢幸悦[アイザワコウエツ]
1950年、秋田県生まれ。1978年、法政大学経済学部卒業。1986年、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。1989年、(財)日本証券経済研究所研究員。長崎大学経済学部教授、埼玉大学経済学部教授を経て、埼玉学園大学経済経営学部教授、川口短期大学ビジネス実務学科客員教授。経済学博士(慶應義塾大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)