NHKブックス<br> ドル・円・ユーロの正体―市場心理と通貨の興亡

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
ドル・円・ユーロの正体―市場心理と通貨の興亡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 21時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911891
  • NDC分類 338.97

内容説明

金融市場での豊富な経験を持つ経済学者の手による実証的通貨論。ユーロ危機、ドル凋落、止まらない円高。通貨乱高下の原因を国際通貨制度の失敗の歴史、日米欧のマクロ経済分析、各国の金融為替政策・通貨外交の巧拙、そして市場の“心理”と“力学”から読み解いていく。烈々たる通貨の興亡から見た「戦後経済史」であるとともに、不安定度を増す世界経済の再生に必要な「理想の通貨制度」を探る試みでもある。為替取引の「実」と通貨研究の「学」を両輪に展開される内容は、ドル・円・ユーロの展望はもとより、「世界経済の持続可能性」と「基軸通貨なき時代」を見通すうえでの羅針盤となるであろう。

目次

基軸ドルの凋落
ユーロはどこへ向かうのか(欧州の悲願だった通貨統合;欧州通貨統合を焦ったEU ほか)
円相場の軌跡とゆくえ(問われた日本の介入姿勢;サブプライム問題を跨いだドル円相場 ほか)
基軸通貨なき世界(ドル時代は続くのか;ユーロはドルの対抗軸に成り得るのか ほか)〔ほか〕

著者紹介

坂田豊光[サカタトヨミツ]
1952年、神奈川県生まれ。中央大学大学院経済学研究科修士課程修了。経済学博士(中央大学)。大和証券投資信託委託、スイス銀行(現UBS)、ナショナル・ウエストミンスター銀行(現RBS)などに勤務の後、国際金融アナリストに。現在、中央大学経済学部・同大学院兼任講師、中央大学経済研究所客員研究員。日本国際経済学会、日本貿易学会に所属。専門は、外国為替論、国際金融論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)