NHKブックス<br> 「原子力ムラ」を超えて―ポスト福島のエネルギー政策

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
「原子力ムラ」を超えて―ポスト福島のエネルギー政策

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 06時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911815
  • NDC分類 543.5

内容説明

福島第一原発事故で明るみに出た、もんじゅ事故以来続く、日本の原子力政策の杜撰さ。その背後に存在する政官学業からなる「原子力ムラ」の虚妄を暴く。エネルギーとしての原子力の無効性を、福島というトポス、3・11以降の政治、研究の最前線から原発と戦ってきた三人が解き明かす。いまだに原発を再開させようとする力が働くなか、自然エネルギーにまつわるウソ・デマ・誤解を解きほぐし、今後あるべきエネルギー政策の本質を明らかにする。原発がダメな本当の理由。

目次

第1章 「原子力ムラ」という虚構
第2章 原発とともに―福島の戦い
第3章 東北大震災から原発事故へ―三月二一日‐四月三〇日
第4章 原発からの脱却と日本の電力エネルギーの未来―五月一日‐六月一四日
第5章 フクシマへの道―分岐点は六ケ所にあった
第6章 上関原発新規立地・最後の攻防戦
第7章 人災としての福島第一原発事故
第8章 エネルギーの未来像

著者紹介

飯田哲也[イイダテツナリ]
1959年、山口県生まれ。京都大学工学部原子核工学科卒業、同大学院修了。東京大学先端研博士課程単位取得満期退学。大手鉄鋼メーカー、電力関連研究機関で原子力R&Dに従事した後、スウェーデンに留学。現在、環境エネルギー政策研究所所長を務める。21世紀のための再生可能エネルギー政策ネットワークREN21理事、国際バイオマス協会理事、世界風力協会理事なども務める。また、鳩山新政権で中期目標達成タスクフォース委員、および行政刷新会議の事業仕分け人に指名される

佐藤栄佐久[サトウエイサク]
1939年、福島県生まれ。1963年、東京大学法学部卒業。郡山に戻り家業の郡山三東スーツに入社。社団法人郡山青年会議所に入会。郡山青年会議所理事長、日本青年会議所東北地区福島ブロック協議会会長、同東北地区協議会会長、日本青年会議所副会頭を経て、1983年6月、参議院議員初当選。1987年、大蔵政務次官に就任。1988年、福島県知事就任。5期18年間に、北海道東北知事会長はじめ、全国知事会副会長、全国過疎地域自立促進連盟会長などを歴任

河野太郎[コウノタロウ]
1963年生まれ。ジョージタウン大学国際学部比較政治学専攻卒業。富士ゼロックス株式会社などを経て、1996年10月20日、第41回衆議院総選挙にて神奈川第15区で初当選。以後、5回連続当選。2002年総務大臣政務官に就任、2005年法務副大臣に就任、2008年衆議院外務委員長に就任、2009年自民党総裁選挙で次点。現在、湘南国際マラソン実行委員長、法政大学大学院兼任講師、元株式会社湘南ベルマーレ代表取締役会長。メールマガジン、ブログ「ごまめの歯ぎしり」で政策などを発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)