NHKブックス<br> ロボットという思想―脳と知能の謎に挑む

個数:

NHKブックス
ロボットという思想―脳と知能の謎に挑む

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911587
  • NDC分類 548.3
  • Cコード C1350

内容説明

ロボットがココロを持ち、私たち人間とコミュニケーションする日はくるのか。学習し成長するロボットをつくりだすことで、人間の知性と身体の驚くべき関係が見えてきた。赤ちゃんロボット、共感ロボット、サッカーロボットなど、さまざまなロボットを紹介しながら、「人間とは何か」というビックミステリーに迫る。ロボット学の最先端「認知発達ロボティクス」で探る、人間とロボットがともに生きる未来。

目次

第1章 ロボットとは何だろう
第2章 脳と学習の基本を知る
第3章 身体を内側から探る
第4章 身体が脳をつくる
第5章 成長するロボットをつくる
第6章 ココロが生まれる条件を探る
第7章 知能を生み出す困難とは
第8章 人間とロボットがともに生きる
終章 人間学としてのロボティクス

著者紹介

浅田稔[アサダミノル]
1953年滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程修了。同大学工学部教授などを経て、97年より同大学大学院工学研究科教授。工学博士。90年代初頭にロボカップを提唱し、NPOロボカップ日本委員会理事、2002~08年までロボカップ国際委員会プレジデント。05年9月より科学技術振興機構(JST)「浅田共創知能システムプロジェクト」研究総括。日本赤ちゃん学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)