NHKブックス<br> 形の生物学

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
形の生物学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 07時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 365p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911563
  • NDC分類 463.7

内容説明

単細胞のゾウリムシから多細胞のヒトまで、生物は、今あるこの多様な形に、どうやってたどり着いたのか。本書では、多細胞動物の「袋」に着目し、生物体の内と外の境目について考える。ついで、単純な袋構造から複雑な動物体がつくられる形づくりを細胞の自己構築・自己組織化の観点から解き明かす。進化を形の多様性の視点から明快に分析し、生物学の歴史に新たな1ページを開く。

目次

第1章 身体は袋でできている(身体の表面は「上皮シート」でおおわれている;胃の中は「外」である ほか)
第2章 身体づくりは袋の変形である(形は上皮シートが折りたたまってできる;遺伝子が袋表面の位置決めを行う ほか)
第3章 細胞の集りが袋をつくる(細胞は集まって自分たちだけで形をつくる;最初の袋づくり ほか)
第4章 袋がつくる形の良し悪し(ゲノムには二つの役割がある;進化論を復習する ほか)

著者紹介

本多久夫[ホンダヒサオ]
1943年生まれ。京都大学理学部物理学科卒業。同大学大学院修士課程・博士課程、マックス・プランク分子遺伝学研究所、鐘紡ガン研究所を経て、兵庫大学健康科学部教授。専門は、理論生物学。形の科学会、日本発生生物学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)