NHKブックス<br> 江戸に学ぶ日本のかたち

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
江戸に学ぶ日本のかたち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 03時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911457
  • NDC分類 210.5

内容説明

なぜ江戸という時代は、人気が高いのか。ゆったりとして見える生活や義理人情にあふれる人間関係が、閉塞感を覚える現代人の郷愁を誘うのか。身分制という軛に縛られながら、身分を序列化するのではなく相対化することを指向した江戸社会。現代の官僚やサラリーマンを彷彿とさせる武士の世界から、都市生活の実相や治安維持システムの実態まで、僅かな格差にも怯える現代社会を見直すために、今に通じる江戸時代の価値観や社会の仕組みを江戸学の第一人者が語り尽くす。

目次

第1章 日本のかたち(切腹と責任;「武士の一分」とは;なぜ平和が続いたのか;日本人と世間)
第2章 武士のかたち(閣僚としての老中;現在に通じる旗本人事;家格意識と抜擢人事;職務のため宴会をする論理;大名の序列と役職に付随した「格」;江戸と地方をつなぐ参勤交代;幕府出向の御三家家臣)
第3章 幕府のかたち(江戸幕府財政を担った勘定奉行所;役得を前提としていた幕府の役職;女性の職場としての江戸城大奥;御台様御用人の破格の出世;江戸時代の国家公務員試験;江戸時代の税制;農民出身者に支えられた幕府の地方行政)
第4章 江戸のかたち(都市生活の原形としての「江戸」;江戸の警察の実体;大店の経営システム;江戸の物流システムと通信ネットワーク;江戸の暮らしぶり;農村の復興をめざした二宮尊徳と大原幽学)

著者紹介

山本博文[ヤマモトヒロフミ]
1957年、岡山県生まれ。東京大学文学部を卒業後、同大学院を経て、東京大学史料編纂所助手。現在、東京大学史料編纂所教授。文学博士。専門は江戸時代の政治外交史研究および江戸時代の武士研究。1992年、『江戸お留守居役の日記』で第40回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)