• ポイントキャンペーン

NHKブックス
源氏将軍神話の誕生―襲う義経、奪う頼朝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911297
  • NDC分類 289.1

内容説明

『平家物語』『義経記』『御伽草子』等で語られてきた義経と頼朝の伝承と史実の世界。八幡信仰の読み替えを核に据えることにより、源氏将軍の権威を確立しようとした頼朝。治承・寿永の内乱の中で、私戦を公戦に作り替えるために謀反人に堕とされて、やがて魔王となった義経。二人の交差に、勝者の物語としての源氏将軍神話の誕生と生成を読み取る、気鋭の清新な論考。

目次

第1章 義経滅亡への視座
第2章 「清和源氏」の来た道
第3章 将軍神話の生成
第4章 襲う義経、奪う頼朝
第5章 源氏将軍の滅亡
終章 魔王の出現

著者紹介

清水眞澄[シミズマスミ]
1957年生。1994年、青山学院大学大学院文学研究科日本文学・日本語専攻博士後期課程単位取得満期退学。青山学院大学、学習院大学、聖徳大学、青山学院女子短期大学で講師を歴任。文学修士。専門は中世文学・音声表現思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)