NHKブックス
外交と国益―包括的安全保障とは何か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910894
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C1331

内容説明

北朝鮮問題、中国脅威論、国連改革…喫緊の課題にどう対処すべきか。多発するテロや地球温暖化、感染症など国境を超える脅威への対策を含め、安全保障を包括的に捉える必要を論じながら、国際社会の複雑な情勢を明快に整理。「人間の安全保障」政策などにかかわった経験を踏まえ、実務者としての当事者意識と判断の視点から、国際貢献の考え方や国益のあるべき姿を説く。

目次

序 外交実務者の視点から
1 米国・北朝鮮・中国との関係を考える(米国とどう付き合うか;北朝鮮問題の鍵;中国脅威論をどう捉えるか)
2 包括的安全保障とは何か(武力行使の法的評価―湾岸戦争からイラク・米英戦争まで;大量破壊兵器拡散にどう対抗するか;安保理改革と日本;日米安全保障関係の現状と問題点)
3 国際社会にどのように貢献するべきか(人間の安全保障と地球規模問題;日本の経済協力と人的貢献)

著者等紹介

大江博[オオエヒロシ]
1955年、東京都生まれ。東京大学経済学部経済学科卒業後、外務省入省。外務省北米局地位協定課首席事務官、外務省アジア局中国課首席事務官、在米国日本大使館参事官、外務省総合政策局国連政策課長、外務省条約局条約課長、在タイ国日本大使館公使などを経て、2005~07年に東京大学教授に就任し「人間の安全保障プログラム」を担当。現在、外務省国際協力局参事官(地球規模課題担当)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。