• ポイントキャンペーン

NHKブックス
「心」はからだの外にある―「エコロジカルな私」の哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910535
  • NDC分類 114

内容説明

「心」とは、自己の内に閉ざされたプライベートな世界なのか?環境と影響しあうエコロジカルな「心」という清新な視点から、他者や社会と生き生きと交流する自己のありかたを提示。行動や社会現象の原因を人の内面に求め、不毛な「自分探し」を煽る心理主義的発想を、身体性や他者の軽視につながるものとして批判しながら、「個性」「性格」「内面」など自己をめぐる諸問題に鋭く迫る。社会(環境)を個々人のニーズに合わせて改善し、快適な生活を主体的に形成してゆく展望を示す、自己論の革命。

目次

序論 心理主義の罠
第1章 環境と共にある「心」―ギブソンの知覚論から
第2章 なぜ「自分探し」に失敗するのか―「性格」という自縛
第3章 行動すなわち心―「内面」へのエコロジカル・アプローチ
第4章 なぜ私はかけがえがないのか―「個性」を考える
第5章 世界は私の表象だろうか―身体図式と所有
終章 身体と環境のデザイン―「真の自分探し」に向けて

著者紹介

河野哲也[コウノテツヤ]
1963年東京生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。専攻は哲学。日本学術振興会特別研究員(国立特殊教育総合研究所)、防衛大学校助教授などを経て、玉川大学文学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)