NHKブックス<br> 知られざる日本―山村の語る歴史世界

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
知られざる日本―山村の語る歴史世界

  • 白水 智【著】
  • 価格 ¥1,252(本体¥1,160)
  • NHK出版(2005/05発売)
  • ゴールデンウィークポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 22pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月30日 20時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910306
  • NDC分類 384

内容説明

日本の国土の大半を占めながら、生活文化水準の劣った後進地と見なされてきた“山”。歴史学から軽視されてきた山村の歴史を生業文化や生活文化の観点から積極的に捉え直す。狩猟、採集、焼畑、手工業生産など山村の「労働」に注目し、山の暮らしを支えてきた“循環”の思想に、右肩上がりの「発展」に疲れた現代社会への処方箋を見出す。気鋭の若手による渾身の力作。

目次

山村の現在をふり返る
第1部 山村の実像を探る(山村の生活文化体系とは何か―山中に建つ長屋門の家 山村だから貧しいのか;山村は閉ざされているか―落人伝説の残る世界)
第2部 山村はどう語られてきたか(文献史料は何を語るのか;外と内からの山村像)
新たな山村像を求めて

著者紹介

白水智[シロウズサトシ]
1960年生まれ。中央大学大学院博士課程単位取得満期退学。中央学院大学助教授。専門は日本中世史・山村史・海村史