• ポイントキャンペーン

NHKブックス
保元・平治の乱を読みなおす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910177
  • NDC分類 210.38

内容説明

貴族から武士へという、時代の主役の移り変わりを象徴する古代末期の兵乱、保元・平治の乱。武士を主人公として語られてきた通説を打破し、王家・摂関(せっかん)家の嫡流争いと、新興貴族である院近臣と軍事貴族の利害対立が複雑に絡み合う院政期の混乱した政治状況を描き出す。平清盛(たいらのきよもり)の関与の低さ、後白河上皇の立場の脆さ、藤原信頼の逞しさなど、これまで語られたことのない乱の実体を、いま明らかにする。

目次

第1章 分裂する政界―鳥羽院政期の政情(王家の内紛;摂関家分裂;武者の世、前夜)
第2章 帝王と上皇―保元の乱の勃発(政界の激変;治天の君の死去;兵乱の勃発)
第3章 激闘の果て―保元の乱の結果(戦闘の展開;敗者の運命;勝者たちの明暗)
第4章 新たな闘い―平治の乱の前提(政界の勢力地図;打倒信西;信頼の勝利)
第5章 闘いの終息―平治の乱の結末(天皇・上皇の脱出;後白河側近の全滅;最後の勝者)

著者紹介

元木泰雄[モトキヤスオ]
1954年兵庫県生まれ。1983年京都大学大学院文学研究科博士課程指導認定退学。大手前女子大学助教授、京都大学総合人間学部助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は中世前期政治史