NHKブックス
脳内現象―“私”はいかに創られるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910023
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C1340

内容説明

“私”は脳のどこにいるのか?“私”という明確な意識はいかにして成り立つのか?脳内では千億もの神経細胞が複雑なしくみで結びつき、情報交換をしている。意識が生じるためには、この複雑な脳内の隅々までを、“私”が一瞬にして見渡さなければならない。これはいかにして可能なのか?脳内を見渡す小さな神の視点、すなわち、「脳内現象としての“私”」が生じる根本原理を解き明かす。

目次

1 小さな神の視点―脳内を見渡す“私”(見渡しの形式としての“私”;ホムンクルスを取り戻せ!;意識はいかに成り立つか;能動的に構成される空間)
2 世界に働きかける“私”―主体性のメカニズム(システムを支える「心の時間」;感情とはなにか―不確定性に対処する技術;全てはメタ認知である―心の理論から言語活動まで)
3 ホムンクルスの再構成―認知からメタ認知へ(誰が脳内を見渡しているのか;脳内はいかに見渡されるのか―意識の起源を解く;最後の難問―なぜ私たちはゾンビではないのか;第二のデカルト的転回へ)

著者紹介

茂木健一郎[モギケンイチロウ]
1962年東京都生まれ。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京工業大学大学院客員助教授。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学理学系大学院物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専攻は脳科学、認知科学