NHK出版新書<br> 昭和ブギウギ―笠置シヅ子と服部良一のリズム音曲

個数:
電子版価格 ¥1,078
  • 電書あり

NHK出版新書
昭和ブギウギ―笠置シヅ子と服部良一のリズム音曲

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年03月05日 17時14分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140887035
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0273

出版社内容情報

ブギの女王&スウィングの申し子--音楽史を塗り変えたコンビのすべてがわかる

ポピュラー音楽史研究の第一人者が、服部家で長年眠っていた楽譜草稿などの貴重資料を渉猟し、「ブギの女王」と「スウィングの申し子」コンビが近代の芸能に遺した決定的な業績を書き尽くす。レコード中心、戦前と戦後を分断したものと見なす従来の批評通念に挑戦する「涙ぐましい」野心作。連続テレビ小説「ブギウギ」関連書の決定版。心ズキズキ踊りだす、連続テレビ小説「ブギウギ」関連書の決定版。

内容説明

大衆音楽史研究の第一人者が、服部家で長年眠っていた楽譜草稿などの貴重資料を渉猟し、「ブギの女王」と「スウィングの申し子」のコンビが近代の芸能に遺した決定的な業績を書き尽くす。レコード中心、戦前と戦後を分断したものと見なす従来の批評通念に挑戦する「涙ぐましい」野心作。連続テレビ小説「ブギウギ」関連書の決定版。

目次

前口上 「近代音曲史」の野望
第1章 「歌う女優」誕生―大阪時代の笠置シヅ子
第2章 服部良一と「道頓堀ジャズ」
第3章 レコード・ラジオと「国民歌謡」
第4章 スウィングのクイーン&キング―松竹楽劇団時代
第5章 関西興行資本の東京進出―松竹・東宝・吉本
第6章 時代のアイコン「ブギの女王」
第7章 服部は「ブギウギ」をどう捉えていたか
第8章 リズム音曲の画期としての「買い物ブギー」

著者等紹介

輪島裕介[ワジマユウスケ]
大阪大学大学院人文学研究科芸術学専攻教授(音楽学研究室)。1974年石川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門はポピュラー音楽研究、近現代音曲史、アフロ・ブラジル音楽研究、非西洋地域における音楽の近代化・西洋化に関する批判的研究。著書に『創られた「日本の心」神話「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』(光文社新書。第33回サントリー学芸賞、国際ポピュラー音楽学会賞)、ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

skunk_c

67
戦後すぐに「ブギウギ」で一世を風靡した服部・笠置コンビを題材に、日本の大衆音楽の再評価を試みたもの。その音楽性のルーツに、大阪ならではの庶民性、いわゆる「ノリ」を重視する演芸的な側面と、独特のジャズ需要があったことを押えているのがまず面白い。多くの評論の引用に加え、服部の手書き楽譜の分析もあり、著者の柔軟で確かな音楽的視点のフィルタを通して論じられる本書は、極めて刺激的で大いに興味をそそられた(思わず両者の音源を買ってしまった)。アメリカ大衆音楽、それも黒人音楽にもかなり造詣が深く、頷くことも多かった。2023/09/17

つちのこ

40
朝ドラを観ているので、笠置シズ子と服部良一が出会った背景を含め、気になるこれからの展開が掴めて良かった。稀有な才能を持った二人の出会いが大阪道頓堀から生まれ、戦前、戦後を代表する楽曲を量産したことは偶然ではなく必然であったようだ。本作を読みながら笠置の代表曲である「ラッパと娘」「東京ブギウギ」「買物ブギ」をYouTubeで観たが、どれも圧巻のパフォーマンス。物心ついた頃、タレントとして出ていた笠置をリアルタイムで見ていたが、大阪出身の母とダブってしまい、いつも親近感を抱いていたことを思い出した。2023/11/23

yyrn

31
朝ドラを見なければ手に取らなかった本。これを読むと笠置シヅ子と服部良一の生き方がドラマの中でかなり忠実に再現されていると思うが、二人の人生ドラマの紹介部分は少なく、二人を追うことで昭和の音楽史を紐解いていこうとする本で、戦前と戦後で大きく変わっていく価値観の中で、巧みに時代をつかみ「スウィングの女王」から「ブギの女王」への転換の経緯が、日本の音楽史全体の流れとともに詳しく語られていく。当然、服部がいなければ笠置の輝きも大きく違ったものになっただろうが、⇒2024/01/07

エドワード

30
朝ドラ「ブギウギ」始まる!笠置シズ子と服部良一、奥の深さにわてほんまによう言わんわ!戦前はスウィングの女王、戦後はブギの女王、改めて笠置さんの偉大さに敬服する。著者の4つの挑戦、①敗戦は文化的断絶ではない②文化は東京中心ではない③日本近代音楽は洋楽受容史ではない④大衆音楽はレコード中心ではない―おお、よくわかった!特に④が印象的だ。音楽は聴くだけじゃない。古代以来、舞台を観ること、踊ることと一体だった。寄席や芝居小屋や銭湯!等で音楽が庶民と共にあった、大阪生まれの二人にこそ生み出せた音楽。素晴らしい。2023/10/11

おかむら

26
今月から始まった朝ドラの関連本とのことですが、かなりマニアック。笠置シヅ子は昭和の頃に懐かしのメロディ的な番組で「東京ブギウギ」を歌ってるのを見たような気がする程度で、服部良一はそのての番組でオーケストラの指揮棒振ってるおじいさんなイメージしかなかったので、ちょっ戦前(昭和14年)のヒット曲「ラッパと娘」は驚き! なんつーかエゴラッピンみたいな感じで今聴いても最高にカッコいいわ。「ラッパと娘」を知れただけでもコレ読んで良かったわ。2023/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21416473
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。