NHK出版新書<br> 日本語と論理―哲学者、その謎に挑む

個数:
電子版価格 ¥1,001
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

NHK出版新書
日本語と論理―哲学者、その謎に挑む

  • 飯田 隆【著】
  • 価格 ¥1,045(本体¥950)
  • NHK出版(2019/09発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 18pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 21時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 296p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140886007
  • NDC分類 810.1
  • Cコード C0210

内容説明

日本語は非論理的な言語だと言われるが、果たして本当か。単数と複数の区別がなくても支障がないのはなぜ?「の」の意味とは?「こそあど」の論理的共通点とは?考えてみれば摩訶不思議な日本語の「謎」に、言語哲学の大家が満を持して挑む、「ことばの哲学」入門、決定版!

目次

第1章 「こどもが笑った」(日本語は非論理的か;特定のこどもを指す「こども」と不特定のこどもを指す「こども」 ほか)
第2章 「三人のこどもが笑った」(数量名詞と量化;比例的な量化と比例的でない量化 ほか)
第3章 「大部分のこどもが笑った」(比例的な数量名詞;「多数のこども」と「こどもの多数」 ほか)
第4章 「どのこどもも笑った」(不定詞による量化;なぜ可算の量化になるのか ほか)
第5章 「こどもはよく笑う」(全称文と総称文;総称文の謎 ほか)
付録 様相的文脈の中の「三人のこども」

著者等紹介

飯田隆[イイダタカシ]
1948年、北海道生まれ。主に言語と論理にかかわる問題を扱ってきた哲学者。東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学。熊本大学、千葉大学、慶應義塾大学、日本大学で教え、科学基礎論学会理事長と日本哲学会会長を務めた。慶應義塾大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

さとうしん

12
「日本語は非論理的な言語か?」という疑問から入る言語哲学論だが、単数と複数の区別など基礎的な問題を、ごく単純な文章を対象に考察していくというスタイルで、この種の本を読み慣れていない側からするとかなり面食らったというのが正直なところ。最終章で触れられる、総称文が我々の偏見を助長するという方向でしばしば悪用されるという問題、全称文と総称文の区別が曖昧にされてきたという論理学自体が抱える問題については興味深く読んだ。2019/10/03

tolucky1962

7
『たまごが三個ある』と『たまごが三個分ある』の違い。『三個のケーキを食べて良い』の三個は三個以下,『三割の問題に答えなければならない』の三割は三割以上である。等々がこれでもかと詳しく書かれる。総称文の例として『ペンギンは卵を産む』を挙げる。正しいと思わるが雄や雛は生まない。総称文は偏見を助長しハラスメントになる例『女性はスカートをはく』を挙げる。言語の特性理解は人を傷つけ,騙されないために必要だ。本書は日本語を知るには面白いが,著者はこの学問を哲学の一分野としている。2019/10/31

うぃっくす

3
なんとか読み終わったけど理解はしてないです。読めば読むほど自分がなんでこんな複雑な言語を母国語として使えているのか謎。理解はしてないってのがポイントね。論理学的に正しく説明しようとするとまどろっこしいなあー。文脈と繋がる言葉が特に大事なのかな日本語は。総称文と全称文のくだりはわたしもこの言い方トリックだよなあって常日頃から思ってたのですっきり。カラスは黒い、は真だけど例外があるのよ。 非論理的な言語はなく、言語の非論理的な使用があるだけである、って言葉がささったのでせめて書き言葉くらいはちゃんとしたいね。2021/03/28

samma

2
量化表現を中心に、日本語の様々な言語現象を取り上げ分析することを通して、日本語において論理がどのように働いているのかを探究し、また、いまだ確立した理論の存在しない総称文について、その意味論に関する予備的な考察を加えるといった内容で、とてもおもしろかった。また、本書では軽く言及されるにとどまったが、複数論理についても少し興味をもったので、参照文献の一つに挙がっている複数論理に関する同著者の論文も読んでみようと思った(ちなみにこれは著者の個人サイトからDLできる)。2019/10/21

check mate

2
非論理的な言語はなく、言語の非論理的な使用があるだけである。2019/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14355126

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。