生活人新書<br> 死にゆく人のための医療

電子版価格 ¥432
  • 電書あり

生活人新書
死にゆく人のための医療

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 193p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140880906
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0247

内容説明

脳死、自殺、安楽死、尊厳死。死または臨死を迎えた人たちに、古今東西の医学や宗教はどう向き合ってきたか。〈いのち〉の終わりをどう理解してきたか。だれもが迎える死の、今日的な様相を探り、死に臨む人びとの自己決定権や家族の意思、医師・医療関係者の判断や司法解釈など、ますます複雑化する環境のなかで21世紀の「死に方」を考察する。

目次

第1章 新しい死の概念―脳死
第2章 死のさまざまな様相
第3章 人は自ら命を縮めてよいか
第4章 終末期の医療―安楽死から尊厳死へ
第5章 ターミナルケア
第6章 安楽死の容認
第7章 死にゆく人をめぐる問題点

著者紹介

森岡恭彦[モリオカヤスヒコ]
日本赤十字社医療センター名誉院長。東京大学名誉教授。1930年東京都生まれ。東京大学医学部卒業。宮内庁御用掛や関東労災病院長等を歴任して現職