• ポイントキャンペーン

新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 327,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784140807439
  • NDC分類 304
  • Cコード C0098

内容説明

インターネットの弱点、エイズの急速な広がり、マイクロソフトのひとり勝ち、アルカイダの組織など、ついに複雑系の姿をとらえた話題の書。

目次

ランダムな宇宙
六次の隔たり
小さな世界
ハブとコネクター
80対20の法則
金持ちはもっと金持ちに
アインシュタインの遺産
アキレス腱
ウイルスと流行
目覚めつつあるインターネット
断片化するウェブ
生命の地図
ネットワーク経済
クモのいないクモの巣

著者等紹介

バラバシ,アルバート=ラズロ[バラバシ,アルバートラズロ][Barab´asi,Albert‐L´aszl´o]
1967年トランシルバニア生まれ、ハンガリー育ち。米ボストン大学で物理学博士号取得。33歳で米ノートルダム大学の物理学教授に就任。インターネットから細胞内化学反応まで、多くのネットワークに広く見られるトポロジー構造の発見で脚光を浴びる。米国科学財団の若手研究者賞を受賞している

青木薫[アオキカオル]
翻訳家、理学博士。1956年山形県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院修了
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

265
要素を分解して解明するだけの時代は終わり、これからはそれぞれの要素がどのように結びついているか(つまりネットワーク)のほうが重要になっていることを主張する一冊。それはインターネットのみならず、生物学や経済学、地理学など世界のあらゆるジャンルに及ぶし、そのネットワーク構造を理解した人が優位に立つのだろうと思い知らされる。途中でちょっと冗長になる部分もあるが、おおむね分かりやすくておもしろい良書。理解しても「じゃあどうすりゃええねん」というセルフツッコミは入るが。2018/01/05

HoneyBEE

24
東浩紀氏『弱いつながり』参考図書として。強い絆の計画性、弱い絆の偶然性。途中からクラッカーの登場に、この本が過渡期にかかれたことを実感する。だが今のネット環境と語られたものとが相違ないということで、まだ新鮮なネットワーク理解に必要な本であるかと。そして拾い読み。2014/08/31

りょうみや

16
ネットワーク科学本再読1冊目。この本は9年ぶり。この分野の本はどれも書いてある概念と有名な具体例は大差ない。それぞれ書き方や項目への重みが違う。この本は具体例の物語的記述に重みが置かれている。ネットワーク科学の概念を手っ取り早く学びたいのなら、他の本が良いように思う。この本も20年近く前のもので、この分野はまだ始まったばかりというニュアンスだが、それから今でも新たな展開が起こったように見えないので、そのときの時点で重要な概念は出尽くしているのだと思う。2019/08/04

やまやま

15
著者はネットワークモデルで有名な学者であるが、発刊後20年を経過しても、語られる技術及び社会への活用は刮目に値する。故障には強いが攻撃には弱いシステム、べき法則に基づく分布が独り勝ちの構造を表すといったことは既にポピュラーな知識であろう。ボーズアインシュタイン統計との関連に興味を持ち、思わず久保亮五氏の統計力学を開いてしまった。物理学としては、FD統計では絶対温度まで下げてもなかなか超電導や超流動などは観測できないが、BEでは高温で巨視的な世界が実現する。これと同じ数式がネットワークで出現する驚きがある。2020/10/04

サイバーパンツ

15
複雑ネットワークの本ではこれが一番読みやすくて、面白いかも。エルデシュやワッツ、ストロガッツなどの先行研究を参考にしながら、複雑ネットワークを分析し、人間関係、ウイルス、生物学、インターネット、経済・ビジネス、テロリズムなど様々な分野に当てはめて語ってみせる様は圧巻。ある意味、この本の構成自体がネットワーク的だ。この調子で誰か、サブカルや文学や芸術などの文化のネットワークについてもやって欲しい。2016/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/500643

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。