新コンパクトシリーズ<br> 歌舞伎のダンディズム

  • ポイントキャンペーン

新コンパクトシリーズ
歌舞伎のダンディズム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18X12cm
  • 商品コード 9784140180570
  • NDC分類 774

内容説明

伊左衛門、助六、松王丸、蘭平、五右衛門…。江戸時代初期に〈出雲の阿国〉によってはじめられた歌舞伎は、現在にいたるまでつねに庶民の娯楽として大衆演劇の中心となってきた。その長い歴史のなかで生まれてきた粋な伊達男たちが、花道を歩きながら咲かせたダンディズムの華にスポットライトをあてつつ、作家の眼から見た新たな歌舞伎の魅力をつややかに描き出す。

目次

名古屋山三―「かぶく」ダンディズム
藤屋伊左衛門―「やつし」のダンディズム
曽我五郎―「荒事」のダンディズム
花川戸助六―〈粋と華〉江戸っ子のダンディズム
松王丸―悲劇的ヒーローのダンディズム
源義経―〈貴種流離〉のダンディズム
大星由良之助―管理者の知的ダンディズム
蘭平―「色奴」「繻子奴」のダンディズム
石川五右衛門―アウトローのダンディズム
民谷伊右衛門―「色悪」のダンディズム
弁天小僧―〈デカダン〉のダンディズム
青山播磨―新歌舞伎におけるダンディズム