NHK将棋シリーズ<br> 天彦流中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく

個数:

NHK将棋シリーズ
天彦流中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく

  • ウェブストアに77冊在庫がございます。(2017年10月23日 22時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140162552
  • NDC分類 796
  • Cコード C2076

内容説明

中盤は何を基準にして考えたらよいか、その局面で何を考えれば指し手が選べるか。中盤の考え方を、今までにない「局面の推移」と「形勢」という視点で紹介します。

目次

第1章 形勢判断
第2章 中盤の序盤の考え方
第3章 中盤の中盤の考え方
第4章 中盤の終盤の考え方
第5章 苦しいときの考え方
第6章 よいとき、互角のときの考え方

著者紹介

佐藤天彦[サトウアマヒコ]
1988年福岡県出身。中田功七段門下。98年、6級で奨励会に入会。2006年四段。16年九段。16年、A級初参加で第74期名人戦の挑戦権を得て、4勝1敗で名人を奪取。20代の名人は16年ぶり。2017年初防衛(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「将棋は中盤が難しい」とよく言われる。ではどのように方針を立てて指せばよいのだろうか。佐藤天彦名人が「局面の推移」と「形勢」という2つの視点で、中盤の考え方を紹介する。