NHKブックス<br> 小説入門のための高校入試国語

個数:

NHKブックス
小説入門のための高校入試国語

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140019405
  • NDC分類 376.8
  • Cコード C1337

内容説明

子どもたちは今、小説をどう読めばいいのか。ここ数年の高校入試問題から、太宰治の「角力」、大岡昇平の「少年」、浅田次郎の「卒業写真」、重松清の「エイジ」、椎名誠の「三分間のサヨウナラ」などの必読小説を扱った過去問20を厳選し、国語の隠されたルールを暴き、アイデンティティを確立する小説の読み方を探る。気鋭の近代文学研究者による、意欲的挑戦の書。

目次

零章 リアリズム小説とはどういうものか
序章 学校空間と物語―成長
第1章 自立を促す仕掛け―父と子
第2章 いつか見た光景―母と子
第3章 死は僕たちに教える―老人と孫
第4章 宿命のライバル―兄弟
第5章 信頼と不信と―大人と子供
第6章 反=学校的物語―友情
第7章 心の中には闇がある―いじめ
第8章 気付かない心―恋
第9章 閉じられた心―自己
終章 人生のルール―皮肉

著者等紹介

石原千秋[イシハラチアキ]
1955年生まれ。成城大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程中退。現在、成城大学文芸学部教授。専攻は日本近代文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。