NHKブックス<br> 日本とは何か―近代日本文明の形成と発展

NHKブックス
日本とは何か―近代日本文明の形成と発展

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140015001
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C1321

内容説明

“日本学”の成熟した到達点―日本は、西欧的原理にのりかえた“文明の改宗者”なのか。近代世界における日本文明の形成と発展の歴史を捉え直し、その自立性・普遍性を開示する。

目次

1 日本文明の座標
2 日本文明の位置
3 近代日本文明の形成と発展
4 日本文明の歴史的連続性―伝統社会とハイテク社会
5 コレージュ・ド・フランス出講記
解説・梅棹文明学をめぐって(米山俊直)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

CCC

11
日本は明治時代に突如近代国家に舵を取ったわけではないし、元々ヨーロッパ的だった、と。その妥当性はひとまず置くとしても少し無邪気すぎやしないだろうか。裏に西洋や近代への強い肯定感があるように思える。そしてその西洋、近代と日本の類似点を並べ、日本がその仲間である事を示している。列強国家に溶け込もうと努力していた明治時代の日本人みたいだ。けれどこの本は平成に手が届くくらいの時期に出版された本だ。ちょっとどうなんだろうという思いは拭えない。2017/05/08

かりん

5
5:いやー、おもしろいです。梅棹氏に初挑戦の方にはコレをオススメ! 月光文明(ヒトラー)。近代日本は明治維新の産物ではない。菊と刀(優美と殺伐)→菊とコンピュータ(優美と実益)。受信機型の文明。現代日本は天才を必要としない社会。黒船~太平洋戦争の一世紀は、最もヨーロッパ的、軍事的だった異例の時代。英の産業革命は経済→社会、政治、日本は政治から。「近世」という言葉は、江戸の封建制を強調し、非連続性に重きを置く、あやまった歴史理解。じつは日本人の家族はゲマインシャフトというよりゲゼルシャフト的。2009/07/04

qwel21

2
日本はブラックホールの国。西洋化ではなく豊富化。ちょっと違う視点から見る日本。面白かったです。2009/07/30

ULTRA LUCKY SEVEN

1
今読んでも全然古くなっていない!しかもためになって面白い知見がたくさん。素晴らしい一冊です。「情報の文明学」「知的生産」とともに主著になっていい本だと思います。タイトルもそのものズバリストレートでわかりやすい。コレージュドフランス講演録付き。2014/08/15

chikuma

1
読了。マーケットプレイスで購入。最近、基本は古本で購入している気がする。梅棹本。比較文明論。'86という日本と世界との摩擦が顕著になり、いわゆる日本異質論が台頭した世相はあるんだけれども、氏の指摘は興味深い。模倣説・転向説に対する平行進化説/徳川幕藩体制と封建制/帝国の周辺/パックス・トクガワナ/維新時に強調された幕藩体制からの非連続性/北海道での「酪農」ではない「稲作」の適用(お雇い外国人v.s.完成された稲作技術)/ゲマインシャフトではなく、ゲゼルシャフト的な日本。2009/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/205078

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。