オーストラリア先住民とパフォーマンス

個数:

オーストラリア先住民とパフォーマンス

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年11月25日 00時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130860536
  • NDC分類 772.71
  • Cコード C3098

目次

先住民のパフォーマンスと日本からの視線―映画『オーストラリア』
1部 自らの声で語る(オーストラリア先住民と映画史―語る主体の獲得;先住民の映画スターは語ることが出来るか―デヴィッド・ガルピリル論;奥地と都市をつなげるテクノロジーと身体―チューキー・ダンサーズ『Ngurrumilmarrmiriyu(ロング・スキン)』)
2部 過去と現在に対する証言(マラリンガからヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマへ―『ナパジ・ナパジ』;証言者としての身体―ウェズリー・イノック論;戦争の記憶とナショナリズムへの介入―『ブラック・ディッガーズ』)
3部 先住民文化への祝福(オペラと先住民;真実の物語と祝福―『サファイアーズ』;ニュージーランド演劇の半世紀と先住民―『ポフトゥカワの本』)
アボリジニと日本人の出会い―『ミス・タナカ』
資料編

著者等紹介

佐和田敬司[サワダケイジ]
1968年水戸市に生まれる。1990年早稲田大学第一文学部卒業。1995年早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。2005年マッコーリー大学メディア文化研究博士号取得。現在、早稲田大学法学学術院教授。オーストラリア学会副代表理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。