秋田蘭画の近代―小田野直武「不忍池図」を読む

個数:

秋田蘭画の近代―小田野直武「不忍池図」を読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 12時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 359,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130802123
  • NDC分類 721.7
  • Cコード C3070

出版社内容情報

ひとつの作品に織り込まれた画家の思考をたどり、その背景にある江戸文化の意味体系を明らかにする。

内容説明

日本在来の画材を使って、果敢に洋画を描こうとした秋田蘭画派・小田野直武。洋画法を平賀源内に学び、『解体新書』の挿図を担当した画家は、一体誰のために、何を意図してこの画を描いたのか。静寂な風景画に見えるこの一枚のなかには、中国美人画の文学的言説から、同時代の江戸風俗、鑑賞の遊びまでが隠されていた―近代を先取り、近代になってこそ再発見された絵画思考を甦らせる。著者四半世紀の研究にもとづく大作。

目次

「不忍池図」が語るもの
第1部 「不忍池図」が無かった時代(日本近代美術史上の秋田蘭画―平福百穂『日本洋画曙光』再考)
第2部 トポスと象徴―「不忍池図」とは何か(トポスとしての不忍池;池の畔にたたずむ美人)
第3部 視覚の仕掛け―「円窓」試論(円窓の内;框窓と借景―文人たちの窓)
知られざる前衛志向

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

連鎖堂

2
何か妙な迫力ある美しさ、秋田蘭画。その一派は、銅山開発のため秋田藩に招聘された平賀源内が、画才ある小野田直武を見出して始まりました。鎖国下の日本で束の間花開いた、極めて前衛的な芸術家集団だったといいます。▼不忍池の歴史(日本初の公共図書館を作った了翁道覚が強烈)、蘇東坡、南蘋派など話柄豊富です。眼鏡絵(遠近法のカラクリ絵)を論じ、さらに《不忍池図》は円筒から覗いて見るのが正しいとか言う。試してみると本当に遠近感が。おみそれしました。私の気のせいかもしれず、皆様も試されたし。2018/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/456240

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。