林業遺産―保全と活用にむけて

個数:

林業遺産―保全と活用にむけて

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月19日 11時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130760317
  • NDC分類 652.1
  • Cコード C3061

出版社内容情報

林業の衰退が叫ばれるなか、森林鉄道、景観、古文書、栽培技術などの多彩な遺構に価値を見出し新たな光をあてる林業遺産。その現状を調査しつつ自然と地域社会とのかかわりや歴史を読み解き、保全や地域活性化に活かす方途を探る。

目次

林業遺産とは何か
第1部 林業遺産の概要(林業遺産の分類と価値;林業史からみた林業遺産;林業遺産の分布状況;林業遺産における森林博物館の意義)
第2部 林業遺産の保全と活用(北海道の林業遺産の特長と活用;屋久島の林業遺産と文化・歴史的価値の変遷;森林鉄道の現況と保存の諸形態;森林鉄道を活用した地域振興;越前オウレン栽培技術の文化的価値 ほか)
持続的な林業遺産の保全と活用を目指して

著者等紹介

柴崎茂光[シバサキシゲミツ]
1972年埼玉県に生れる。2002年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程中退。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授、博士(農学)。専門は林政学、民俗学

八巻一成[ヤマキカズシゲ]
1966年茨城県に生れる。1988年筑波大学第三学群社会工学類卒。現在、国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所環境計画研究室室長。博士(農学)。専門は地域資源管理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こうぴー

0
柴崎先生は研究室でお世話になったが先生のマインドが本にそのまま表れていた。存在の認識とその背景にあるコンテクストを消失させたくないという思いが全ての原点である。2022/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19206397

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。