身近な気象のふしぎ

個数:
電子版価格 ¥3,410
  • 電書あり

身近な気象のふしぎ

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2024年03月01日 20時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 196p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130637190
  • NDC分類 451
  • Cコード C1044

出版社内容情報

地球温暖化によって雨は増えるのか? 晴れた日の夜はなぜ冷え込むのか? 火山噴火が夏の気温に与える影響とは? 身の回りやニュースで目にする天気の疑問や不思議を考えることで、自然現象の原理とそのおもしろさを学びながら、気象学の基本を身につける。

内容説明

地球温暖化によって雨は増えるのか。晴れた日の夜はなぜ冷え込むのか。火山噴火の後は冷夏になるのか。身の回りの不思議やニュースにまつわる疑問を考えることで、自然現象の原理とそのおもしろさを学びながら、気象学の基本を身につける。

目次

1 地球温暖化
2 温暖化は降水量を増やすか?
3 都市の気候と日だまり効果
4 晴天日の夜が寒くなる理由
5 昼夜と場所によって変わる風速と突風率
6 河川改修と養殖魚の大量死事件
7 火山噴火と冷夏
8 蒸発・蒸散量と気温の関係
9 森林の水収支・熱収支と林内の気温
10 砂時計に学ぶ砂漠の気候
11 湧水の温度と環境変化
12 空間の大きさと温度変化の時間
13 大気・海洋の熱エネルギー移動と地球の気候
付録 大気境界層・熱収支水収支論の発展史

著者等紹介

近藤純正[コンドウジュンセイ]
東北大学名誉教授、理学博士、日本気象学会名誉会員。水文・水資源学会名誉会員。1933年高知県に生まれる。1962~97年東北大学理学部助手、国立防災科学技術センター(現在の防災科学技術研究所)研究室長、東北大学理学部助教授、同教授を経て現職。受賞:高知県教育委員会児童生徒文化賞(1951)、日本気象学会賞(1976)、水文・水資源学会学術賞(1994)、日本気象学会・藤原賞(2001)、水文・水資源学会功績賞(2002)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

榊原 香織

62
表紙は親しみやすいのですが、計算式多くて、専門の学生じゃないと難しいかも(大学のテキストらしい) 天明の飢饉の原因が、浅間山の噴火の他、続いて起こったアイスランドのラキ火山の大噴火だそうで、やっぱりそうか。2023/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21408815
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。