エキゾティックな量子―不可思議だけど意外に近しい量子のお話

個数:

エキゾティックな量子―不可思議だけど意外に近しい量子のお話

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月17日 23時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 236,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130636070
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C1042

出版社内容情報

奇怪で不可思議で美しい量子の世界を、物理と哲学と文学を絶妙にからめたユニークな文体でつづる。

「粒子は波である」「確定は確率的不定である」「不可知は完全な知である」――奇怪で不可思議で美しい,私たちの世界をつくる量子力学.その考え方の基本と量子生物学や宇宙論・情報理論などの話題のテーマを,物理と哲学と文学を絶妙にからめたユニークな文体でつづる.

はじめに

I  量子世界の不協和な調和について
1  量子の不条理/2  量子の不思議な部屋/3  量子と確率と主観主義/4  量子の堪え難い不確かさ/5  波動関数とはなにか/6  二状態量子力学の魔法部屋/7  光の量子力学/8  スピンの量子力学

II 我々の身辺の諸物に見られる量子の不可思議な反照について
9  量子の魔法部屋の用途/10 量子状態と原子の成り立ち(物と波その1)/11 フェルミオンとボソン(物と波その2)/12 万物理論を求めて(物と波その3)/13 量子的同一性について/14 量子の統計的なテレパシー/15 量子もつれの応用技術/16 三目並べを量子的にする

III 量子力学と宇宙,生命,そして人間世界との関わりについて
17 行列とヴェクトルの抽象世界へ/18 ディラックの海/19 量子トンネリング/20 量子と宇宙/21 量子カオスの夢/22 生命活動の量子論/23 量子ゲーム理論/24 いにしえの世界観の復興としての量子力学

おわりに

【著者紹介】
全 卓樹
全 卓樹:高知工科大学工学部教授

目次

1 量子世界の不協和な調和について(量子の不条理;量子の不思議な部屋;量子と確率と主観主義 ほか)
2 我々の身辺の諸物に見られる量子の不可思議な反照について(量子の魔法部屋の用途;量子状態と原子の成り立ち―物と波その1;フェルミオンとボソン―物と波その2 ほか)
3 量子力学と宇宙、生命、そして人間世界との関わりについて(行列とヴェクトルの抽象世界へ;ディラックの海;量子トンネリング ほか)

著者等紹介

全卓樹[ゼンタクジュ]
京都生まれの東京育ち、米国ワシントンが第三の故郷。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。博士論文は原子核反応の微視的理論についての研究。ジョージア大学、メリランド大学、法政大学などを経て、高知工科大学理論物理学教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鴨長石

2
量子力学の概要・歴史について非常にわかりやすく解説している。現代物理学特有の難解な専門用語を比喩などで言い換えるセンスが抜群で、このような本が自分の大学時代にあったらどれほど勉強が捗ったのだろうかと、今の大学生に嫉妬するほどだ。その上、過去の偉大な物理学者のエピソードを余韻たっぷりに紹介する。なぜか読む人の心を揺さぶる文体は、このデビュー作から確固たるものとなっている。2021/04/02

まに

1
私自身知識不足なのと、物理がわからない人達に向けて書かれているのだからしょうがないのだけど、密度(内容/文字数)が低くてとてもくどい所、比喩が多くて苦手な本だった。気になって、ちゃんと学んでみたい、考えたいと思う所が結構あったのはよかった。シュレディンガー、パウリなど偉大な科学者達の意外な私生活は面白かった。2015/03/31

雉彦

0
わたしの好奇心の源である量子を、わかりやすく詩的に説明した本でした。ちょこっと知ってる程度の知識量でもついていけました。 ミクロとマクロが繋がって、宇宙を漂って真空を感じるような、不可思議な気持ちになりました。 読んでいる間わくわくしてずっと楽しかったです。2021/07/25

shrzr

0
量子力学について、科学的な歯ごたえと文学的味わいが見事にバランスしたエッセイ集。類書はないのでは。「歌うカタツムリ」と双璧。2021/07/03

Bon Habler

0
量子コンピュータ終わった。カザン大学に忍び込んだ数秘術のせいだよ https://www.nature.com/articles/s41586-020-2619-82020/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8221208

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。