筋収縮の謎―研究の歴史とこれからの課題

個数:

筋収縮の謎―研究の歴史とこれからの課題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月01日 17時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 281p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784130634090
  • NDC分類 491.363
  • Cコード C1047

出版社内容情報

昨今の筋トレブームとあいまって,筋生理学は非常に注目されている.驚くべき効率性で収縮し力を発揮する筋肉の驚異のメカニズムと謎に迫る.筋生理学を研究し,その発展とともに人生を歩んできた著者の集大成.

目次

我々にとって筋肉とは何か
私はなぜ筋肉に魅せられたか
骨格筋繊維の実験とその成功
米国留学と私の研究室の創設
筋肉の構造と力を発生するしくみ
平滑筋細胞および骨格筋繊維のCaイオンの細胞内移動の電子顕微鏡下の可視化
ミオシン頭部の運動の謎を追って
筋肉のエンジンとしての動的性質の研究
偉大な研究者たちとの交流の思い出
ミオシン頭部の運動の電子顕微鏡下の記録とその反響
なお続く筋収縮の「定説」への挑戦

著者等紹介

杉晴夫[スギハルオ]
1933年生まれ。東京大学医学部助手を経て、米国コロンビア大学医学部および国立衛生研究所に勤務ののち、1973年より帝京大学医学部教授、2004年退職。同大学名誉教授。現在も筋収縮研究の研究者として活躍。著書多数。日本動物学会賞、日本比較生理生化学会賞等受賞。1994年より約11年間、国際生理科学連合筋肉分科会委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。