見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス (増補新装版)

個数:

見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス (増補新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月20日 17時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 201p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130633703
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C1040

内容説明

ヒトはなぜ絵を描くのか。見るということは描くということにどうつながるのだろう。近代絵画の成立や画家の創造性を脳科学から探る、知的探究の書。毎日出版文化賞受賞の名著が増補新装版として復刊。

目次

序章 描くヒト
第1章 見るということ(網膜に写る世界;大脳皮質に写る世界 ほか)
第2章 描くということ(描くための基本技術;描画の脳機構 ほか)
第3章 脳から見た絵画の進化と視覚的思考(心像絵画;網膜絵画 ほか)
第4章 絵画における創造性(視覚的思考;創造性と独創性)

著者等紹介

岩田誠[イワタマコト]
1942年東京に生れる。1967年東京大学医学部卒業。1982年東京大学助教授。1994年東京女子医科大学教授(医学博士)。2008年東京女子医科大学名誉教授。2009年メディカルクリニック柿の木坂院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ヒトはなぜ絵を描くか.脳の視覚情報処理の過程が,描かれるもののなかでどう表現されてきたのか.画家の創造性や独創性とは脳のどのような働きか.近代絵画成立史を脳科学からみる.初版1997年,毎日出版文化賞受賞.

序章 描くヒト
【序章の補遺】
第1章 見るということ
 1 網膜に写る世界
 2 大脳皮質に写る世界
 3 視覚的思考の場
 4 視覚的イメージ
第2章 描くということ
 1 描くための基本技術
 2 描画の脳機構
 3 構図
 4 描画の進化
第3章 脳から見た絵画の進化と視覚的思考
 1 心像絵画
 2 網膜絵画
 3 脳の絵画
 4 文脈的再構成絵画
 5 視覚体験を離れていく絵画
 【第3章の補遺】
第4章 絵画における創造性
 1 視覚的思考
 2 創造性と独創性
増補新装版へのあとがき

The Seeing Brain and the Drawing Brain
―The neuroscience of Drawing―[Expanded Revised Edition]
Makoto IWATA

岩田 誠[イワタ マコト]
著・文・その他