環境倫理学

個数:

環境倫理学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月11日 11時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130623117
  • NDC分類 519
  • Cコード C3040

目次

序章 環境倫理の現在―二項対立図式を超えて(「環境倫理」とは;二項対立図式のなかの「環境問題」と「環境倫理」 ほか)
1 環境倫理が語れること(人間・自然―「自然を守る」とはなにを守ることか;自然・人為―都市と人工物の倫理 ほか)
2 環境倫理のまなざしと現場(「外来対在来」を問う―地域社会のなかの外来種;「持続可能性」を問う―「持続可能な」野生動物保護管理の政治と倫理 ほか)
3 環境倫理から生まれる政策(家庭から社会へ―持続可能な社会に続く道を地球温暖化問題から考える;知識から智慧へ―土着的知識と科学的知識をつなぐレジデント型研究機関 ほか)
終章 恵みも禍も―豊かに生きるための環境倫理(環境倫理学はなぜ政策の問題へと至るのか;環境倫理が必要とされる3つの領域 ほか)

著者等紹介

鬼頭秀一[キトウシュウイチ]
1951年愛知県に生まれる。1984年東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。専門、環境倫理学

福永真弓[フクナガマユミ]
1976年愛媛県に生まれる。2008年東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(環境学)。現在、立教大学社会学部助教。専門、環境倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

全縁

11
夏休みの宿題だった2000字ほどの小論文の参考にさせてもらった。「環境倫理学」についてよくまとまっており、読みやすい。宿題云々抜きにとても面白く、環境問題について考えさせられた。特に『「人間」と「自然」の二項対立』の章と『「外来対在来」を問う』の章が面白かった。なかなか宿題は終わらなかったけれど。2018/09/12

たかまる

1
環境倫理のトピックを幅広く扱っている。以下はあんまりレビューになっていない私個人の感想なのだが、後半のいわゆる環境問題を具体的に解決する方法についての興味は湧かなかった。そこを考えて抽象化する必要があるのかもしれないけれど。「人間が環境とどう向き合うか」っていう根本の考えが無いまま突っ走っても駄目だ。だから環境思想なる分野が生まれたのだろうが。2013/07/11

2n2n

1
興味深く読んだ。何のために自然を守るのか? 環境問題を考える上で、例えば「人間vs自然」といった安易な二項対立の図式で考えては本質を見失う恐れがあることがよーく分かった。つまり、環境問題をひとつの側面からだけ考えようとするとその他の関わる問題がすべて軽視される危険があるそうな。倫理は面白い。2012/12/10

たろう

1
肉食,捕鯨,都市計画など様々なトピックが論じられていてこれから環境倫理学を学ぶのにちょうど良いかんじ。2012/06/22

1
環境を考える際に、問題の複雑さと多様さを観る視点を感じることができました。またそれによって自分の思考の幅が広がったように思います。2012/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517031

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。