• ポイントキャンペーン

環境倫理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130623117
  • NDC分類 519
  • Cコード C3040

目次

序章 環境倫理の現在―二項対立図式を超えて(「環境倫理」とは;二項対立図式のなかの「環境問題」と「環境倫理」 ほか)
1 環境倫理が語れること(人間・自然―「自然を守る」とはなにを守ることか;自然・人為―都市と人工物の倫理 ほか)
2 環境倫理のまなざしと現場(「外来対在来」を問う―地域社会のなかの外来種;「持続可能性」を問う―「持続可能な」野生動物保護管理の政治と倫理 ほか)
3 環境倫理から生まれる政策(家庭から社会へ―持続可能な社会に続く道を地球温暖化問題から考える;知識から智慧へ―土着的知識と科学的知識をつなぐレジデント型研究機関 ほか)
終章 恵みも禍も―豊かに生きるための環境倫理(環境倫理学はなぜ政策の問題へと至るのか;環境倫理が必要とされる3つの領域 ほか)

著者等紹介

鬼頭秀一[キトウシュウイチ]
1951年愛知県に生まれる。1984年東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。専門、環境倫理学

福永真弓[フクナガマユミ]
1976年愛媛県に生まれる。2008年東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(環境学)。現在、立教大学社会学部助教。専門、環境倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

全縁

12
夏休みの宿題だった2000字ほどの小論文の参考にさせてもらった。「環境倫理学」についてよくまとまっており、読みやすい。宿題云々抜きにとても面白く、環境問題について考えさせられた。特に『「人間」と「自然」の二項対立』の章と『「外来対在来」を問う』の章が面白かった。なかなか宿題は終わらなかったけれど。2018/09/12

takao

3
ふむ2022/11/01

田蛙澄

1
二項対立は問題の複雑性や調停可能性を見失わせるから、そこに科学と土着知識の融合や、複数の関心の併存的な解決が重要なのはよくわかったが、一方で外来種問題や畜産の問題についての話などは、二項対立を安易に切り捨てすぎているようにも思える。肉を消費しすぎたり、身勝手のために外来種を安易に駆除する人間のエゴへの視点が足りないように思える。人間の悪への認識の深化が倫理学の深みの指標であるように思う。そういう点も含めて原理的な掘り下げが全体的に薄く感じた。様々な事例自体は勉強になったが。2023/04/18

BieAch

1
最近流行りのサスティナビリティや持続可能性により関心を持つために手に取った一冊。二項対立を超えてというのは、やはり難しい注文ではあるが、二項対立的な科学から環境問題が生まれたという議論がある以上はここに一つの解決策へのヒントがあるのだと思う。有意義な一冊でした。どの文章も読みやすいので、是非気負わずに読んでいただきたい。2021/02/13

サメ社会学者Ricky

1
自然保護、都市、肉食、公害、外来種などなど、様々な環境問題の中にある倫理について解説。全体を通して「環境vs人間」という二項対立から離れた位置の視点を持つことを目指す。前から注目していた鬼頭氏の主張内容を深掘りできたと思う。2020/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517031
  • ご注意事項