レイチェル・カーソンに学ぶ環境問題

個数:
  • ポイントキャンペーン

レイチェル・カーソンに学ぶ環境問題

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月28日 10時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130622202
  • NDC分類 519
  • Cコード C3045

内容説明

科学と文学が見事に融合し、技術文明のありかたに警鐘を鳴らしたカーソンの作品に環境問題の原点を読み解く。文学のなかの生態学。

目次

1 カーソンと生態学(カーソンと社会の動向;生態学―人間と自然のつながり)
2 『沈黙の春』に学ぶ―環境問題のバイブル(原典)(作品紹介;「おそるべき力」―人間が手にした脅威;「生命の連鎖が毒の連鎖に変わる」―化学物質の生態系への影響;「最後は人間!」―化学物質の終着点)
3 『海辺』に学ぶ―生物多様性を知る(作品紹介;生物多様性―いのちのジグソーパズル;「自然の力」―海辺の生命観)
4 『センス・オブ・ワンダー』に学ぶ―自然とともに生きる(作品紹介;センス・オブ・ワンダー―生命への畏敬の念;人と動物のつながり―動物との“交感”)
5 環境問題を考える―カーソンの意思を受け継ぐ(環境問題は人間問題;「べつの道」へ―新たな世界観)

著者等紹介

多田満[タダミツル]
1959年香川県に生まれる。1986年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。現在、国立環境研究所主任研究員,博士(農学)。専門:生態学・環境毒性学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マーブル

6
3作品を軸に彼女の蒔いた種の成長具合を検証。『沈黙の春』の告発を受けて人間はどのように行動したか。『海辺』で膨らんだ蕾のごとき視点は現代どのように花開いたか。『センス・オブ・ワンダー』と同じ系譜にある自然環境を詠った文学。『沈黙』から半世紀以上の時が流れ、事態は悪化しているのか、良い方向へ舵を切れたのか、それが気になって読んでみたが、彼女の仕事が与えた後代への影響の大きさを確認できた。また「ネイチャー・ライティング」と呼ばれる「自然とは何か」を語る文学ジャンルがあることを知ることができ、大きな収穫だった。2019/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3982240

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。