保全生態学の技法―調査・研究・実践マニュアル

個数:

保全生態学の技法―調査・研究・実践マニュアル

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年04月21日 21時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 324p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130622196
  • NDC分類 468
  • Cコード C3045

内容説明

保全生態学を学ぶためのはじめの一歩!これだけは知っておきたい研究法がこの1冊でよくわかる。

目次

第1部 種内の多様性の評価と保全(発芽生態学の技法;光環境の調査・評価法;植物の保全遺伝学的解析・評価法;外来魚の保全遺伝学的解析・評価法)
第2部 種・個体群の評価と保全(生物多様性情報の整備法;広域スケールでの生物空間分布解析法;生物個体数の指標化法;水辺の侵略的外来種排除法)
第3部 群集・生態系の評価と保全・再生(食物網構造・栄養段階の評価法;水田害虫に対する捕食性天敵の機能評価法;水文・水質環境の調査法;リモートセンシングぬよる植生評価法;湿地履歴の研究法;湿地の土壌シードバンク調査法)

著者等紹介

鷲谷いづみ[ワシタニイズミ]
1950年東京都に生まれる。1978年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科教授、理学博士。専門は生態学・保全生態学

宮下直[ミヤシタタダシ]
1961年長野県に生まれる。1985年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授、博士(農学)。専門は生態学

西廣淳[ニシヒロジュン]
1971年千葉県に生まれる。1999年筑波大学大学院生物科学研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科助教、博士(理学)。専門は植物生態学・保全生態学

角谷拓[カドヤタク]
1979年北海道に生まれる。2007年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。現在、国立環境研究所研究員、博士(農学)。専門は空間生態学・保全生態学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。