群集生態学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 187p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130622110
  • NDC分類 468.4
  • Cコード C3045

出版社内容情報

生物多様性のメカニズムを解き明かす群集生態学.さまざまなスケールの群集にスポットをあて,それぞれの動態や構造について,陸域から水域まで最新の知見を紹介しながら,わかりやすく解説.生態学を学ぶ人たちや生物の保全に携わる人たち必読の教科書.

目次

1 生態学と生物群集
2 種間相互作用の基本概念
3 機能群の共存機構
4 種多様性
5 食物網
6 群集生態学の応用

著者等紹介

宮下直[ミヤシタタダシ]
1961年長野県に生まれる。1983年東京大学農学部卒業。1985年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科助教授、農学博士

野田隆史[ノダタカシ]
1963年愛知県に生まれる。1986年千葉大学理学部卒業。1991年北海道大学大学院水産学研究科博士課程中退。現在、北海道大学大学院水産科学研究科助手、水産学博士

※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。