住環境―評価方法と理論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 291,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130622028
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C3052

内容説明

第8期住宅建設5箇年計画に準拠、教科書の決定版!住環境の体系的説明はもとより、各種評価指標と、適切な使用のための指針から、理論的背景まで。

目次

第1部 住環境の総論(住環境概念;安全性の評価;保健性の評価;利便性の評価;快適性の評価;接続可能性の評価)
第2部 住環境評価の理論(住環境の経済評価;住環境指標と総合化;住環境水準の設定と合意形成)
第3部 住環境整備政策(地区区分論と住環境指標;住環境整備の諸制度;住環境指標と住環境整備政策)
付録 住環境評価指標

著者等紹介

浅見泰司[アサミヤスシ]
東京大学工学部都市工学科卒、ペンシルヴァニア大学大学院地域科学専攻博士課程修了。Ph.D.東京大学空間情報科学研究センター教授。専門は都市住宅学、都市計画、空間情報解析。1960年生まれ
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2001年から施行された新しい第8期住宅建設5箇年計画を踏まえた教科書の決定版! 住環境の体系的説明はもとより,各種の評価指標と,それらの適切な使用のための指針,それらの理論的背景までも示す.巻末に住環境評価指標のチェックシートを付す.高等教育のみならず,実務家も必携.