造岩鉱物学

造岩鉱物学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784130621236
  • NDC分類 459
  • Cコード C3044

出版社内容情報

造岩鉱物学とは,鉱物が岩石を造るに際しての挙動を明らかにする鉱物学である.珪酸塩鉱物,硫化鉱物を中心に,その微細組織と相変化の機構について,近年長足の進歩をとげた物理的手法にもとづき,基礎的な一般論から最新の研究成果までを解説する.

目次

1 鉱物と造岩鉱物
2 鉱物の記載と分類
3 地球外物質の鉱物
4 地球の鉱物
5 鉱物の相変化と微細組織
6 オリビン族
7 輝石族
8 角閃石族およびパイリボール
9 長石族
10 シリカ鉱物
11 硫化鉱物

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

中将(予備役)

0
タイトル通り造岩鉱物について。固溶体のグラフなど、ついつい流し読みしがちになってしまった。あまり多くを頭に入れられたとは言えないが、硫化鉱物の項目などは、比較的きちんと読めたと思う。今後何か書くときに気になったら(特にシリカ鉱物関係)また必要な部分を読もう。2012/09/17

さっしゅ

0
最初の方は読み物的にさっくり読める。 あとは各鉱物の詳細や相転移などの原理について。とりあえずオリビンの所のみ読んだ。オリビン-スピネル転移というものを初めて知ったので面白かった2018/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1829538

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。