• ポイントキャンペーン

身近な気象の科学―熱エネルギーの流れ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 189p
  • 商品コード 9784130620888
  • NDC分類 451
  • Cコード C3044

出版社内容情報

気象学への広い関心に応え,気象現象についての話18章を見た現象から次第に科学的な法則へと導いて解説するユニークなテキスト.東北大学教養学部における講義を基礎に,「自然の物理」を見る感覚を育てることを主眼とする.

目次

1 温室効果
2 大気中のエネルギー循環
3 気圧と低気圧の発見
4 偏西風と波動
5 本州一寒い村
6 大規模林野火災と異常強風
7 金華山のシカの大量死事件
8 天保大飢饉
9 火山爆発と東北の冷夏
10 集中豪雨
11 十和田湖の冬の蒸発
12 黒潮と大気
13 漁業と海洋変動
14 熱上昇流
15 山と風
16 融雪
17 気候と生命
18 気候と産業

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

calaf

0
人間を含む全生命の活動の源は、太陽からもたらされるエネルギー。そしてそれをうまく循環させているのは、空気と水。特に水は、地球上のほとんど全ての熱収支に大きく寄与している。2008/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/63498

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。