擬似双直交性理論―信号・画像処理および機械学習への応用

個数:

擬似双直交性理論―信号・画像処理および機械学習への応用

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 404p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130611640
  • NDC分類 501.1
  • Cコード C3055

目次

第1部 序論(擬似双直交性理論の概要)
第2部 擬似直交性理論とその応用(擬似直交基底(POB)
一般標本化定理(1)
信号処理系における比例性誤差の抑制)
第3部 擬似双直交性理論とその応用(擬似双直交基底(PBOB)
特別な擬似双直交基底
一般標本化定理(2)
機械学習の理論(1)―正確な教師信号からの学習
機械学習の理論(2)―雑音を含んだ教師信号からの学習
信号・画像復元(1)
アナログ符号理論
アナログ符号理論によるCT画像再構成)
第4部 拡張擬似双直交性理論とその応用(拡張擬似双直交基底(EPBOB)
特別な拡張擬似双直交基底
一般標本化定理(3)
雑音に対して頑健なEPBOB
機械学習の理論(3)―一般のQの場合
信号・画像復元(2)―一般のQの場合
EPBOBによるCT画像再構成
付録 関数解析)

著者等紹介

小川英光[オガワヒデミツ]
東京工業大学名誉教授、工学博士。1965年東京工業大学理工学部卒業。1965年通商産業省工業技術院電気試験所(現・産業技術総合研究所)入所。1972年東京工業大学工学部助手。1978年東京工業大学工学部助教授。1984年フィンランド・ヘルシンキ工科大学客員教授。1987年東京工業大学工学部教授。1994年東京工業大学大学院情報理工学研究科教授。2005年より現職。2005年東レエンジニアリング株式会社非常勤顧問(2011年まで)。2007年東京福祉大学教育学部教授。受賞:フィンランド・ラッペーンランタ工科大学名誉工学博士、電子情報通信学会フェロー、電子情報通信学会論文賞など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。