鵜と人間―日本と中国、北マケドニアの鵜飼をめぐる鳥類民俗学

個数:

鵜と人間―日本と中国、北マケドニアの鵜飼をめぐる鳥類民俗学

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2022年01月17日 04時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 465p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130563130
  • NDC分類 664.691
  • Cコード C3039

目次

序章 いま、なぜ鵜飼なのか
第1章 鵜飼研究の到達点―何がどこまでわかっているのか
第2章 なぜ鵜飼が誕生したのか―野生種を飼い慣らす技術から考える鵜飼誕生の条件
第3章 前例なきウミウの産卵と鵜匠による手さぐりの応答―宇治川の鵜飼における二〇一四年のできごとから
第4章 ウミウの繁殖生態の変化と「技術の収斂化」―宇治川における四年間の繁殖作業を手がかりに
第5章 野生性と扱いやすさのリバランス論―育てたウミウの個性と鵜匠による介入の強弱
第6章 日本の鵜匠がウミウの生殖に介入しない理由―ウミウ産卵の要因をめぐる地域間比較研究
第7章 なぜ中国の漁師はカワウを繁殖させるのか―中国雲南省大理ペー族自治州の〓海における繁殖技術と生殖介入の動機から
第8章 鵜飼が生業として成りたつ条件―北マケドニア共和国ドイラン湖におけるマンドゥラ漁の事例から
終章 鵜と人間、かかわりの原理

著者等紹介

卯田宗平[ウダシュウヘイ]
滋賀県生まれ。国立民族学博物館人類文明誌研究部准教授、博士(文学)。専門は環境民俗学、生態人類学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。