遊びと学びのメディア史―錦絵・幻燈・活動写真

個数:

遊びと学びのメディア史―錦絵・幻燈・活動写真

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 00時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130562270
  • NDC分類 372.1
  • Cコード C3037

目次

近代日本教育史におけるメディア史的視点
第1部 視覚メディアをめぐる「教育」と「娯楽」の生成(日本の近代化と視覚教育メディアの誕生―学校用掛図・文部省発行錦絵の事例から;明治初期教育思想の図像化プロセス―幼児教育・女性教育思想の図像化を例に;視覚教育メディアからみる学校と社会―教育錦絵・学校用修身教材・教育幻燈の比較分析;明治期の博覧会を通じた“教育”概念の普及―教育錦絵の展示の変遷を手がかりに)
第2部 視覚メディアをめぐる「教育」と「娯楽」の相克(双六玩具の教育利用と立身出世主義―教育双六における「上がり」の意味論的考察;戦前期の娯楽と教育を取り巻く映像メディアの系譜―写し絵・幻燈・活動写真;戦前期の民衆娯楽論における“教育”観の検討―娯楽論を通じた教育概念の精緻化プロセス;物語るメディアと“声”による民衆教化―大正期における活動弁士の「語り」を中心に)
近代日本の視覚メディアをめぐる「教育」と「娯楽」の関係構造

著者等紹介

青山貴子[アオヤマタカコ]
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了(生涯学習基盤経営コース)。現在、山梨学院大学現代ビジネス学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

美しい掛図,わくわくする幻燈…,明治以来,学校は視聴覚メディアが多数使用されてきた空間であった.一方,学校の外でも雑誌,活動写真が,教化の動機を隠し持ちつつ子らを遊びに誘う.具体的なモノの姿から近代日本の学校と社会における「メディアの教育学」を描く.