ソーシャルメディアと公共性―リスク社会のソーシャル・キャピタル

個数:

ソーシャルメディアと公共性―リスク社会のソーシャル・キャピタル

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 03時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 260p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130561136
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C3036

出版社内容情報

序章 間メディア社会における「公共性」と「社会関係資本」――問題の所在と分析の方法論(遠藤 薫)

1章 間メディア社会において公共性は構造転換する/したのか(遠藤 薫)

2章 間メディア環境における公共性――ネット住民は公共性の夢を見るか?(佐藤嘉倫)

3章 ソーシャルメディアと公共圏――公共圏の関係論的定式化の提唱とTwitter政治場の経験的分析(瀧川裕貴)

4章 「正義」の対立について――トランプ現象にみる反新自由主義のゆくえ(遠藤 薫)

5章 信頼の革新,間メディア・クラック,およびリアルな共同の萌芽(与謝野有紀)

6章 なぜ,日本人は市場原理を支持するのか――社会関係資本が帰結するものの功罪(数土直紀)

7章 「ポリティカル・ヒーロー」を演じる――トランプのプロレス的正義(遠藤 薫)

8章 ポスト・トゥルース時代のフェイクニュース(遠藤 薫)

9章 農村地域における学際的参加型研究プロジェクトの試み――「らくらく農法」の事例から(帯谷博明)

終章 今後の展望――あとがきにかえて(遠藤 薫)

内容説明

Twitter、Facebook、Instagram、LINE…、ソーシャルメディアは人びとをつなぐのか?それとも社会を分断するのか?新たな方法論を武器に、トランプ現象など激動するグローバル公共圏の再構築に先端社会学が挑戦する。

目次

序章 間メディア社会における「公共性」と「社会関係資本」―問題の所在と分析の方法論
1章 間メディア社会におけるポスト・トゥルース政治と社会関係資本
2章 間メディア環境における公共性―ネット住民は公共性の夢を見るか?
3章 ソーシャルメディアにおける公共圏の成立可能性―公共圏の関係論的定式化の提唱とTwitter政治場の経験的分析
4章 信頼の革新、間メディア・クラック、およびリアルな共同の萌芽
5章 なぜ、日本人は市場原理を支持するのか―社会関係資本が帰結するものの功罪
6章 三つ巴の「正義」―トランプ現象に見る反‐新自由主義の行方
7章 「ポリティカル・ヒーロー」を演じる―トランプのプロレス的“公正”
8章 ポスト・トゥルース時代のフェイクニュース
9章 農村地域における学際的参加型研究プロジェクトの試み―「らくらく農法」の事例から

著者等紹介

遠藤薫[エンドウカオル]
神奈川生まれ。1977年東京大学教養学部基礎科学科卒業。1993年東京工業大学理工学研究科博士後期課程修了。信州大学助教授、東京工業大学助教授などを経て、学習院大学法学部教授。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

センケイ (線形)

7
ソーシャルの光と影の両面が具体的なデータとともに分析され、惹かれる内容ばかりだった。信頼の広がるネットワークのために SNS ができることがあるかどうかがまず語られ、既存の公共性への理解とともに整理される。一方後半では、トランプに不誠実な点があるとすればどういった点かが整理され、大変合点がいく。まれに主張に対してデータのインパクトの弱い箇所もあるが、総じて有意義な内容だ。使い方しだいでどちらにでも傾くソーシャルについて、活用方法を知るであれ、リスクに対して免疫をつけるであれ、役に立つ本になるだろう。2020/05/11

gontoshi

3
ソーシャルメディアについて見る観点は色々あるのかなと思いますね。これからソーシャルメディアはどのように動いて行くのかなとも思います。2024/02/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12205986
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。