教育人間学―臨床と超越

個数:
  • ポイントキャンペーン

教育人間学―臨床と超越

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月09日 14時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 256,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130513227
  • NDC分類 371

目次

人間学と臨床性―教育人間学から臨床的人間形成論へ
第1部 臨床とライフサイクル(共存在の主体―デリダの「生き残り」と正義;生の技法としての応答;人はなぜ学ぶのか―学びのエコロジーへ;「生きることのかなしみ」という力―悲しみの教育人間学に向けて)
第2部 超越とメディア(教育人間学の作法―「教育人間学にはディシプリンがない」をめぐって;マルクス主義者のシラー論―水平軸と垂直軸の交点としての美的教育;表象とメディア―教育学的メディア論のための一考察;生成と発達を実現するメディアとしての身体―西田幾多郎の歴史的身体の概念を手掛かりに)
あとがき、または「それからの教育人間学」に向けて

著者紹介

田中毎実[タナカツネミ]
大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。大阪大学助手(人間科学部)、愛媛大学助教授(教育学部)、同教授、京都大学高等教育研究開発推進センター教授、同センター長を経て、武庫川女子大学教授(文学部)。京都大学博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

現代社会、子どもの生に真摯に向き合い、臨床性とメディアの概念から教育哲学とその実践を刷新する試み。

「それから」の教育学とはなにか.教育という営為の根源を見据え,「臨床性」と「メディア」の概念から,教育哲学を刷新してきた編者らが,こんにちにおける「教育人間学」の最重要概念と,その実践へのひろがりをまとめた論集.

はじめに(田中毎実)
序章 教育学と臨床性――教育人間学から臨床的人間形成論へ(田中毎実)
第I部 臨床とライフサイクル
1章 共存在の主体――デリダの「生き残り」と正義(田中智志)
2章 生の技法としての応答(岡部美香)
3章 人はなぜ学ぶのか――学びのエコロジーへ(松下良平)
4章 「生きることのかなしみ」という力――かなしみの人間学にむけて(鳶野克己)
第II部 超越とメディア
5章 教育人間学の作法――「教育人間学にはディシプリンがない」をめぐって(西平 直)
6章 マルクス主義者のシラー論――水平軸と垂直軸の交点としての美的教育(西村拓生)
7章 表象とメディア――教育学的メディア論のために(今井康雄)
8章 生成と発達を実現するメディアとしての身体――西田幾多郎の歴史的身体の概念を手がかりに(矢野智志)
あとがき、または「それからの教育人間学」に向けて(矢野智志)

【著者紹介】
田中毎実:武庫川女子大学文学部教育学科教授/京都大学名誉教授